空間の総量規制 | ぷにこの毎日は断捨離好日

ぷにこの毎日は断捨離好日

要らないモノを手放して自分をごきげんな時空間に置こう。


テーマ:
朝、花の水換えをしていたら

どうも見た目が息苦しい。






これでは花がくつろげない気がするわ。

通勤ラッシュ時?

真夏の流れるプール?



自分が花なら

どんな感じがほっとする?






このくらいかな。

みんなでゆったり

温泉に浸かっているイメージね。

この花の場合は

これ以上減らすと寂しい感じになるんだよね。



断捨離にはマニュアルがありません。

ひとつひとつ

自分の選択と決断で

モノを選び抜き

空間を精査していくんですね。



ただ

緩やかな収納のガイドラインとして

収納空間におけるモノの量の目安

というのはある。



それが「7・5・1の法則」



扉が閉まっていて中が見えない収納スペースに

モノをしまう際の量の目安は

空間全体の7割まで。



扉は閉めていても中が見える収納スペースに

モノをしまう際の量の目安は

空間全体の3割まで。



そして

水平面に置いて見せる収納スペースに

モノを置く際の目安は

空間全体の1割。



靴箱上のスペースに対して花瓶が2つ。






これ以上置くとうるさい感じになるのよ。

花瓶ひとつだけのときもある。



ほんの小さな空間も

最適量に整えていくと

大きな空間の全体が整ってくる。



部分即全体 全体即部分

相似象ということですね。





断捨離ランキング

ぷにこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス