自分の香り | ~神戸から花を通じて様々な思いをつたえていきたい~

~神戸から花を通じて様々な思いをつたえていきたい~

flower desing dann faire 主宰 Karenのブログ
思わず友達を招きたくなる作品が出来上がると好評!!
神戸・淡路島・京都・芦屋でレッスン開催中
”花に癒される”を実感できるイベント企画もいっぱい

ハッピーフラワーをお届けするカレンです。

先週、調香師のハルアワセさんの
調香ワークショップに参加してきました。
https://ameblo.jp/haruawase/entry-12497128100.html


自分の香りを作ることは
もっともおしゃれなことだと
フランスでは言われてくらい
洗練されたアイテムなんです。

ゴールデンウィーク頃に
ハルアワセさんに出会って以来
この日が来るのを
楽しみにしでした。
と言うのも、
自分を大切にする
最近の私のワークの中の
一項目でしたから。
節目の時
さあ次への時
作りたかったんです。

むかーし
パリのフランス人の友人宅へ
遊びに行った時
トイレの化粧台に
さりげなく飾られていた香りのする小瓶
よーく見ると toilette
と書いてあったんですね。

ドイツ語に慣れている私は
そのまま読んで

フランスには
トイレ用にこんなおしゃれな
小瓶が売っているだ。
さすが!と記憶しました。

四半世紀前に
小さな瓶をさりげなく飾る
小粋なディスプレイ
見かける事も稀でしたし
ましてや
パリ、
完全なる
フランスにはトイレ用の
香りのする小瓶が売っている。
そう思い込んでいました。

toiletteは
オード トワレと知ったのは
お土産に
ディオールのトワレをもらった時でした。

大笑い

余談でした。

調合の方法を教えてもらい
そして
これだけの香りを嗅いで
自分用にチョイスする作業

これが
楽しくもあり
感覚を研ぎ澄ませる作業となり
ました。

初めての調合でしたが
やっていくうちに
自分の中に
ざまざまな形で選ぶ基準が浮かびあがり、
途中からは、
その反応に素直になるのみ
決めると早かったです。

特に上記の事は
説明された事ではなく
香り選びは、自由なんですよ。

出来上がった香りはこちら



黄色の小瓶になりました。

光が差し込むと
自分の中の
サムシングが
微笑むようです。


ワークショップ中
いくつものシンクロが多く
また、ボイジャーカードもさせてもらったのですが
シンクロずくめで
久しぶりに鳥肌が立つくらい驚きました。
嗅覚は人間の脳の中でも、爬虫類の脳の部位を刺激すると聞いた事がありましたが
正に、いつも隠そうとしている部分が、現れたのかもしれませんというか、そうあっても大丈夫のサインであるかのようでした。

香り作りに
テーマ、タイトルをつけました。香りを感じる毎に明確にそれに
アクセスされるのが
なんとなく過ごす時間ではなく、今を生きる!と言って貰えるようで、気に入ってます。


貴重な時間をありがとうございました。

ブログには
もっともっと
深ーい内容をご紹介してくださっています。どうぞ
https://ameblo.jp/haruawase/entry-12497128100.html