ドイツのプレミアム生ビールと自家製無添加ソーセージ ビアレストラン ダンケ 桜新町駅・用賀駅徒歩7分

ドイツのプレミアム生ビールと自家製無添加ソーセージ ビアレストラン ダンケ 桜新町駅・用賀駅徒歩7分

桜新町駅及び用賀駅から徒歩7分、上用賀一丁目交差点すぐ。ヨーロッパの創作多国籍料理(ビストロ)と世界のビールとワインが楽しめるビアレストランです!ビールワインに合う前菜、パスタ、ピザ、ソーセージなど…

Amebaでブログを始めよう!

ジカビ―には、幻のメニューがたくさんあります!

『この前食べたあれっ!美味しかったから今日も頼みたいんだけど…。』

残念!

もう終わっちゃいました…。

なんてことが多々あります!


本当にごめんなさい!なんてったって、飽きしょうなもので(笑)


そんな幻のメニューの一つがこれっ!

ジカビ―のローストビーフ丼!

程よく火の通ったシズル感あふれる牛もも肉のローストビーフ。

噛めば噛むほど味わいが増してくるのが、ジカビ―のローストビーフ。


特製のソースと卵黄をからめれば、もうそれ『は最高!』の一言しか出てきません!


7月のとある1週間の限定メニューでした…。


僕は、肉も魚も大好きで、ワインもビールも浴びるほど飲んでいました。

何の為か…?


それは、ソムリエになる為です。

朝は、6時に起きて職場に行き、みんなが来る前に掃除を終わらせて仕込みをしオーナーの仕込みの姿、料理をしている姿を見て、新しいものを覚えようと必死でした。


そして、夜中の12時過ぎに仕事が終わり、家につくともう1時過ぎ…


そこから、ソムリエになる為の勉強が始まります。その時間、なんと3時間。


その甲斐あり、初年度は、ワインアドバイザーの資格を取り、いざ2年目ソムリエ試験を受けたものの不合格。

そして、ソムリエを目指して3年目の秋、めでたく金色に輝くソムリエバッチを手にすることができました。

この3年間は、本当に死にもの狂いでした。

ワインに関する知識を覚えるのは案外簡単にできたもののブドウ品種の違いによるワインの味わい、香り、様々なニュアンスを言葉にするのが苦手で、毎日毎日同じ香りをかいでは、たくさんの量を飲んでいました。


そんな事が、続くと感覚って鈍るものなんですね(笑)


そのような経験を踏まえて、

自由が丘でジカビ―というステーキバルをオープンするに伴い、決心したことがありました!


それは、

断酒、断肉、断魚!

僕は、お肉が大好きでした!ナイフを入れると肉汁がジュワ~っとあふれ出すあの感覚。


たまりませんよね!


でも、酒を断ち、肉を断ち、魚を断つことで得られたことがあります。

それは、感覚が鋭くなったこと。


ベートーベンは、聴力を失った後も、偉大な曲を作り上げています。

僕は、それを飲食業界で模倣してみました。


たとえば、肉を焼いている時の音。この音だともう焦げる頃だな…。

とか、

ワインをスタッフが開けた時には、スミレの花の香りが漂って来たり…。

だから、今では他人から見ると本当にストイックな食生活になっているかもしれません(笑)


もっと美味しく肉を焼き上げたい!もっともっと美味しい料理を作りたい!

そんな想いに火が付き、今は想像で料理をして新しいメニューを創作しています。

これって、妄想レストラン!?(笑)


今まで口にしていたもの…、特に大好きだったものを口にしなくなるとその食べ物(飲み物)の味わい、香り、食感というものはより鮮明にイメージできるものなのです。


これとこれを合わせたら、きっと美味しいっ!

この硬さのお肉なら、この火加減で焼けば美味しく焼きあがるはず!


僕はいつでも最高のものを提供したいと思っています!

それは、誰の為か…?

もちろん!美味しいものを食べたいと思っているあなたの為です。


だから、まだまだしばらく続きます。

僕の

断酒・断肉・断魚(笑)



僕がスタッフによくお話しすること…。


それは、

『どんな時でも、音にすぐ反応しましょう!』

音に反応する!

簡単そうで、実は9割の人はこれが出来ていない…。


一言で『音』といってもいろいろあります!


入口のドアが開いた音、タイマーの音、カトラリーが落ちた音、お客様に呼ばれたとき…


本当に数えきれないほど、いろんな音があります。


これらの音を聞き分けられるようになると、いろんな音を一瞬にして聞き分けることができるようになります!


ここで、ちょっと寄り道…

お店を繁盛させる方法は何か?

それは、リピーターのお客様が増えるように取り組む事が一番!


では、どのようにすればリピーターのお客様が増えるのか?


それは、簡単!

感動

させることです!


感動といっても、泣くことだけが感動ではないのです!

お客様の心の中にお店やスタッフの好印象を与えてあげればいいのです。


それは、たった一言の会話かもしれないし、さりげないサービスかもしれません。

一概にこれをやればオッケーという事はありません。

お客様は一人ひとり違いますから(笑)


そして、ここからが肝心なところ!

感動は、全て計算されている!

という事。


どういう事か?


僕はいつも、スタッフにこう伝えています!


ディズニーランドに行くと感動するでしょ?

でも、あれはすべて計算されていて、このようにすればお客様は感動してくれて、また来てくれるっていう計算式ができているんだよ!

だから、またディズニーランドに行きたくなるでしょ?


我々も、それと同じことをすればお客様は、またこのお店を利用してくれるんだよ。


ドアが開いた音にすぐに反応して「こんにちは!いらっしゃいませ!」と笑顔でお出迎え。

グラスの中の氷がカシャカシャとなっている音に反応して「おかわりご用意しますか?」

または、そそっと後ろからまわってお水をついであげたり…。


お箸が落ちた音に反応して「お箸ですね!すぐに拾いますからそのままで大丈夫ですよ!」といいながら新しいお箸を差し出したり。


食事中に椅子をずらして立つ音に反応して「お手洗いですか?」と声をかけてあげる。


なんて、気の利くお店なんだぁ!


美味しい料理や綺麗な盛り付けで、感動してもらえるかもしれません!

しかし、今の世の中は、美味しいのは当たり前!

さらに、彩りよく盛り付けられているのも当たり前!


料理だけでは勝負できない世の中なのです!


では、何で勝負するのか?

それは、人材(サービス力)しかないのです!


だから、音にすぐに反応して感動の計算式を瞬時に立ち上げられるようにならなければいけないのです!


僕はお客様からチップを頂くことが多々あります!

それはなぜか?

対価以上のサービスをしているからです!


様々な音を聞き分け、瞬時に感動の計算式を立ち上げる!

チップをもらうためにやっているわけじゃない!


それは、お客様がここちよく過ごせる空間を演出したいからできる事。


あなたはなぜ?飲食業に携わっているのか?






ジカビ―のお肉が美味しいのは、焼いてる人の腕がいいからではありません(笑)

そんな事もないのですが、ジカビ―のお肉が美味しいわけ…

その1 溶岩石を使った特注のグリラーで焼き上げるから美味しいのです!


熱した溶岩石は遠赤外線を放出するので食材を内部から加熱する為、お肉は柔らかく、さらにお肉本来の旨味も引き立てながら香ばしく美味しく焼きあがるのです!


ジカビ―では、グリラーを3段階の温度帯に分けて、お肉を焼き上げていきます!

はじめは、低温度帯でじっくりと温めます。

この工程を省いてしまうと、どんなに美味しいお肉でも美味しく焼きあがらないのです。


そして次は、中温度帯で肉汁を逃さないようにじっくりと焼き上げていきます。

仕上げは、超高温度帯で表面を香ばしく焼き上げるとともに一気に、肉の中心部まで火を通します!


こうして焼きあがったお肉は、とっても美味しいミディアムレアに仕上がるのです!

そうは言っても、僕が一番おいしく感じる焼き加減はどんな時でもミディアムです…。(笑)



コースメニューをご予約のお客様限定サービスです!

3名様以上でコースをご予約いただいたお客様には、メッセージ付きのデザートプレート(通常1500円で提供中)をプレゼントしております!

お電話でご予約の際に、

「お得(とく)ーポンで、デザートプレートお願いします!」

とスタッフにお伝えください!

そして、お祝いする方のお名前を教えていただければ、チョコレートでメッセージをかいて素敵なデザートプレートを食後にプレゼントさせていただきます!


また、このプレートはプラス1500円(税別)で

「デザートてんこ盛り!パイナップルボート(通常2800円 税別)」

にグレードアップすることもできます!