英語が大好きになる「SIM音読」 | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


【今日のテーマ】

●「SIM方式」の素晴らしい世界 ●

英語が大好きになる「SIM音読」


SIM音読でトレーニングすると日本人特有の「返り読み」のクセが解消され、センスグループごとに英語の語順通りに読む速読力が養成されますが、実はSIM音読の効用は、これ以外にもいろいろあります。

その中で最大のものは、「英語が大好きになる」ということでしょう。

今日は、そのことをちょっとお話しします。

私達が英語を勉強する時に、喜びがないなら苦痛でしかありません。

実は、英語が本当に好きになるカギは音読にあるんです。

黙読では英語を読む喜びは半減します。

なぜなら、言葉は生きものだからです。

私達が言葉を実際に声に出して発音するとき、響きの中に特有の命を感じます。

また言語学的には、言葉とはまず音声であり、文字表記は音声の代わりである、と言われています。

ですから、声を出さない言語習得はかなり難しいでしょう。

ところが日本の英語教育では、音読があまり重要視されていません。

声を出さずに英語を身につけることは無理なのに、なぜ音読が重視されないのでしょうか。全く理解に苦しみます。

音読をしないから英語が好きになれないのです。

ここが日本の英語教育の大きなウィークポイントです。

でも、ただ単に音読をするだけではあまり意味がありません。

「返り読み」式に文の終わりまで読んで、それから意味を考えるのでは、音読は苦しみ以外の何ものでもないからです。

なぜなら、それでは時間的なズレが生じるからです。