英語上達のコツとは? | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


【今日のテーマ】

●「SIM方式」の素晴らしい世界 ●

「英語上達のコツとは?」


今日は「SIM音読」の話題を中断して「英語上達のコツとは?」です。

さて何でしょうか?「英語上達のコツ」

その答えは、「文法的な理解」ではなく「意味に即した理解」をすることです。

具体例をあげて説明しましょう。

たとえば「前置詞+名詞」でできている前置詞句です。

これが、ある時は形容詞句になり、ある時は副詞句として使われます。

それらはどのように見分けるのでしょうか?

答えは、「訳してみないと見分けられない」が正解です。

例文を見てみましょう。

This is my first assignment to the LA office.


文章の前半は、「これは私の初めての赴任だ…」です。

ですから、その後に来る前置詞句 to the LA office は当然、形容詞句になります。

「LAの事務所への」ですね。


次の例文をご覧ください。

Mr. Thompson has sent an important document to the LA office.

文章の前半は「トンプソン氏は重要な書類を送った」です。

ですから、to the LA office の意味は、「送った」を修飾する副詞句として、

「LAの事務所に」になります。

なぜそうなるかというと、意味からしてそれ以外はありえないのです。


「トンプソン氏は、非常に重要な書類を送った」なので、to the LA office は、

おのずから「LAの事務所に」という副詞句となります。

間違っても「LAの事務所への」という形容詞句にはなりません。

このように、ある前置詞句が、形容詞句か、副詞句かという文法上の最終判断は、

訳をしなければわからないのです。


ところが学校の英語の授業では違います。

「文法がわかれば訳ができる」という前提に立って授業がなされます。

ですから、先生はまず文法の説明を先にします。

「ここは副詞句だから、全体の訳はこうなりますよ…」という感じです。


でも、それでは順序が逆です。

まず英文の訳をしないと、その前置詞句が副詞句であるか、それとも形容詞句であるか判断できないからです。

ここに学校英語の矛盾があります。


実践的な「使える英語力」を身に付けたい方は、一刻も早く、学校英語の「文法偏重」から脱出する必要があります。

そうでないと、いくら勉強しても思うような結果が出ないでしょう。


次回は、「SIM音読」の続きをお届けします。
…お楽しみに!