未完成から完成へ | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


テーマ:

【今日のテーマ】

●「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界

未完成から完成へ

「ワンポイント・アドバイス」では「SIM同時通訳方式の素晴らしい世界」というシリーズが始まっています。

今日はその6回目で、「未完成から完成へ」というお話です。

「SIM同時通訳方式」の基本的な考え方の一つに、「未完成から完成へ」というものがあります。

教育上、易しいものから難しいものへと段階があることは、一般に言われているとおりですね。

物事の上達には「未完成から完成へ」という段階がありますが、「SIM同時通訳方式」では、たとえ未完成の段階でも、基本がブレないことが非常に大切だと考えます。

このことをよく理解していないと、「ネイティブ思考法思考法」の習得がうまくいきません。

たとえば、the day before yesterday という表現です。

これは、日本語訳だと、単純に「おととい」ですが、「SIM同時通訳方式」では、the day before yesterday を、the day(その日)/ before yesterday(昨日の前の)と、「英語の語順」で捉えます。

このように、「英語の語順」で捉えるからこそ、いくらでも応用がきくのです。

「英語の語順」という基本がしっかりと出来ていれば、今度は「あさって」は何ですか? ときかれた時、「あさって」 = 「その日」+「明日の次の」だから the day after tomorrow になる、という「ネイティブ思考法」が容易にできるのです。

そして、「英語の語順」を崩さない姿勢ができていれば、長く複雑な文章を扱う高度な学習の段階へもスムーズに移行することができるというわけです。

ですから、どんなに簡単な英語でも「英語の語順」で捉えることが非常に大切です。

初心者の英語は上級者に比べると未完成ですが、未完成の段階であっても「英語の語順」で発想する、という基本を崩さずに学習を積み重ねることが大切なんですね。

そうすれば、「未完成から完成へ」の階段を一気に、そして一直線に駆けあがっていくことができますよ!


…この続きはまた次回。
…お楽しみに!