【音声付】[特効薬!No.738] シカゴ・モーターショー、米国市場の動向を浮き彫りに | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


テーマ:

「あれ?聞き取れている!」ユーザーの声をご紹介

★こちらはダイジェスト版です。解説付き完全版の登録へ →
https://www.tokyo-sim.com/mg/index.php

━━━━━━━━━━
TOEICリスニング・リーディング特効薬!
<No.738>  3/14/2019
━━━━━━━━━━

こんにちは。東京SIM外語研究所 所長の上野です。本日もまず、当研究所の英語教材でTOEICスコアアップに定評のある「スーパーエルマー」受講生の声をいくつかご紹介します。すべて、習熟度テスト提出時に感想欄にいただいたものです。
※コメントは個人の感想です。

最初にお届けするのは、VOAコースを受講された埼玉県にお住まいのO・Nさんです。

--------------------
VOAコースをやり終えるまでの約5ヶ月、あっという間でした。それだけ内容が楽しく、かつ濃いものだったからだと思います。私は45歳ですが、この歳になって英語をやり直そうと思ったきっかけは、会社が国内外関連会社を含めて「英語公用語化」を打ち出したからです。

いくつかの教材を検討し、試聴して一番しっくりきたスーパーエルマーのVOAコースを選びましたが、大正解でした。

勉強の方は、リスニングは順調でしたが、最初はSIM音読やリピーティングといった発信型学習は、なかなか上手くいきませんでした。でも、繰り返すうちに、逆に発信型学習がとても楽しくなり、調子の良いときはシャドウイングまでできるようになりました。

先日、10年ぶりに受けたTOEICの結果が出ました(10年前は500点前後でした)。上野先生のアドバイスに従い、スーパーエルマーを続けるかたわら、TOEIC公式問題を2つ解いて臨んだのですが、目標の730を10点上回ることができました。一発で目標達成できるとは思っていなかったので、とてもうれしいです。

このままCBSコースに進みますので、今後ともよろしくお願いします。
--------------------

次に、CBSコースを受講された、栃木県にお住まいのO・Aさんからのご感想です。

--------------------
インターネットで知り、英語教材というものを初めて購入しましたが、パンフレットの通り、すばらしいです。スマホで勉強できるので、通勤電車の中など時間を見つけては、できるだけたくさん聴きました

題材が単なる時事的なニュースではなく、ドキュメンタリーのようなものが多いので、インタビューなどで様々な人の英語が入っているのもいいですね。

私はTOEICのためにやったのではないのですが、仕事で外国人とのコミュニケーションが目に見えてスムーズになったと感じています。相手の言っていることがほぼ分かるというのは、こんなに楽なことなんだと実感しています。

これからも続けていきます。ありがとうございました。
--------------------

最後に、VOAコースを受講された神戸市にお住まいのK・Yさんのご感想です。

--------------------
この教材を手に入れたときは正直、大丈夫かな?と思いましたが、実際にスタディガイドにそって、時間はかかりましたが、Hop,Skip,Jumpを進めていくうちに、「あれ?聞き取れるようになってきている」という感じでした。

映画が好きで洋画もよく観るのですが、まだ字幕は見てしまいますが、耳に入ってくる英語がなんとなく聞き取れているかも、という感覚になっています。

字幕なしで観れるようになることを目標に、これからも継続していきます。
--------------------

たくさん寄せられる喜びの声から3人の方をご紹介しました。

%NAME%さんも、スーパーエルマー受講生の先輩たちのように「ネイティブ思考法」を身につけて、英語総合力の大幅アップを体感してみませんか?

今ならスーパーエルマーの解説本「TOEICスコア激伸の謎を解く!」を無料で入手できます。ただし先着250名様限定となっていますので、ご希望の方はお早めに!

↓今すぐゲット↓
http://www.tokyo-sim.com/sb_tky/




・・・それでは学習スタート!

━━━━━━━━━━
◆CONTENTS◆
━━━━━━━━━━
1.Today's News Story
2.Words & Phrases
3.解説
4.ワンポイントアドバイス:サバイバル英語術(その6)
5.英語の聖書を読む

*3,4,5は完全版のみの掲載となります。
*完全版の登録はこちらから↓
https://www.tokyo-sim.com/mg/index.php



━━━━━━━━━━
■1■ Today's News Story 
━━━━━━━━━━
──────────
☆初めての方は記事を読む前に、必ずこちらを読んでください☆
< 同時通訳方式とは?> → 
https://www.tokyo-sim.com/tkytowa.html
< 学習の仕方> → 
https://www.tokyo-sim.com/tkyhowtoz.html

──────────
■本日のニュース音声を聞く→ 
https://tokyo-sim.com/atkyd/sound738/
──────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━
Sedans Take Back Seat to SUVs, Trucks at 2019 Chicago Auto Show
━━━━━━━━━━━━━━━━━
シカゴ・モーターショー、米国市場の動向を浮き彫りに
━━━━━━━━━━━━━━━━━

A special preview
特別内覧会は

for members of the media
報道陣のための

at the annual Chicago Auto Show
毎年恒例のシカゴ・モーターショーにおける

is a chance
機会です

for manufacturers to show off their latest and greatest products
自動車メーカーが自社の最新かつ最高の製品を披露する(機会です)

about to enter the market.
発売直前の。


But what is notable about this year's show
しかし今年のショーで注目すべき点は

is what some manufacturers aren't showing off -
メーカー数社が何を披露していないかということです

new sedans.
それは新型セダンです。


"So, over 10 years now,
「つまり、これまで10年以上にわたって

there has been a consistent movement of customers
顧客の一貫した動向がありました

in the United States and around the world,
米国と世界中で

but even more so in the United States,
ただ米国ではなおさらに

moving away from sedans,
セダン離れが進むという(一貫した動向がありました)

more traditional passenger sedans
従来の乗用型セダンから

into more utility vehicles."
多目的車へ(顧客が移っていくという一貫した動向がありました)」


Joe Hinrichs is president
ジョー・ヒンリクス氏は代表です

of Ford Motor Company's Global Operations.
フォードモーター社のグローバル事業部の。


"They like the ride high,
「顧客は乗車位置が高いのを好みます

seating height,
つまり座席の高さです

the utility of the vehicle.
また車の利便性を(好みます)。


And now, we can give them
そして今や、我が社は顧客に提供することができます

the fuel efficiency
燃費効率を

that they used to get
それはかつて顧客が得ていたものです

in sedans.
セダンにおいて。


So, that's where customers are going.
つまり、それが顧客が向かっている先なのです。


Nearly 7 out of 10 vehicles
10台のうち7台近くの車は

sold today
現在販売されている

are trucks or SUVs
ピックアップ・トラックかSUVです

in the U.S. market,
米国市場において

and we continue to go where the market's going,
そして我が社はマーケットが向かうところへ向かい続けます

where the customers are."
顧客がいるところへ(向かい続けます)」


But while Ford is giving new options for consumers,
しかしフォード社は顧客に新たな選択肢を提供しつつも

it is also taking away models
同社はまたモデルを廃止する予定です

of the Focus, Fiesta and Fusion cars,
フォーカス、フィエスタ、フュージョンといった

ending production later this year.
生産を停止して、年内に。


"Well, we've been planning our business
「我が社は事業計画を立ててきました

to incorporate the expectation
予想を織り込む形で

that some of those cars will go away,
それはこれらの車種が廃止されるということです

and then bring in new products
そして新たな製品が導入されるということです

to the market."
市場に」


The prominence, and choices, of SUVs,
SUVが目立っていること、選ばれていることは

crossovers and trucks
クロスオーバー車、ピックアップ・トラックが(目立っていること、選ばれていることは)

in General Motor's current lineup
ゼネラル・モーター社の現在のラインアップの中で

stands in contrast
対照を成しています

to its perennial auto show attraction
例年のオートショーの呼び物と

in recent years,
近年の

the Chevrolet Volt.
それはシボレー・ヴォルトです。


The Volt was the top-selling electric plug-in vehicle
ヴォルトは最もよく売れたプラグイン方式のハイブリッドカーでした

of all time,
史上

but the recent sagging sales have led GM
しかし最近の売上の落ち込みはGMにさせました

to cease production of the Volt
ヴォルトの生産を停止することを

in March.
3月に。


"Volt was a great product for us,
「ヴォルトは素晴らしい製品でした、我が社にとって

had a great run -
とても長く売れてきました

two generations.
二世代にわたって。


But what has happened is
しかし何が起きたかと言うと

as the ability to produce pure electric
完全な電気自動車の生産能力として

and the kind of cost configuration
コストのバランスというようなものとして

and range of what people are looking for,
顧客が探し求めている製品層として

Volt had its time,
ヴォルトに潮時が来たということなのです

but was a great stepping stone
しかし素晴らしい足掛かりとなってくれました

for us to lead to the future,
我が社が未来に向けて先陣を切るのに

which was pure electrification."
それは(動力の)完全な電化ということです」


Chevrolet does plan
シボレーは計画を立てています

to keep making a similar sounding car,
似たような名前の車を作り続ける

the Bolt, all-electric vehicle,
つまりボルトです、これは完全な電気自動車です

and the midsize-sedan Malibu,
そして中型セダンのマリブを(作り続ける)

among a few other options.
ほかのいくつかの選択肢があるなかで。


"So, we're not abandoning the car market completely.
「ですから、我々は乗用車市場を完全にあきらめているわけではありません。


We're right-sizing our portfolio.
我々は自社のラインアップのサイズの最適化を図っているのです。


We're reacting
我々は対応しているのです

to what the consumers are looking for."
顧客が探し求めているものに」


What they are looking for
顧客が探し求めているものは

are trucks and SUVs,
ピックアップ・トラックとSUVです

which made up about 70 percent of the 17 million vehicles
これが1700万台のうちの約70%を構成しています

sold in the U.S. in 2018,
米国で売れた、2018年に

a trend
これはトレンドです

expected to continue this year.
今年も続くと予想される。


Kane Farabaugh, VOA News, Chicago, Illinois.



■このニュースストーリーの音声を聞く →
https://www.tokyo-sim.com/atkyd/sound738/
※当サイトおよび音声ファイルはメルマガ配信60日後に削除します。

■SIM音読用英文を見る →
https://www.tokyo-sim.com/atkyd/ondoku/738.html

■オリジナル英文を見る →
https://www.tokyo-sim.com/atkyd/original/738.html





>> WARNING!
本メルマガの音声は、当研究所が開発したロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の学習理論である「Hop, Skip&Jump」のうちのJumpに当たります。

Jumpそのものは元の英語そのままです。
ですからJumpばかり聴いていても「本物の英語力」は身につきません。

「英語の語順」で英語が理解できる「ネイティブ思考法」を身につけるためには、「Hop, Skip」が最も重要です。

英語総合力を伸ばしたい方には「スーパーエルマー」をお勧めします。

詳しくはスーパーエルマー総合サイトへ!
https://www.tokyo-sim.com/index.php?k=TKP



━━━━━━━━━━
■2■ Words & Phrases 
━━━━━━━━━━

◆Sedans Take Back Seat to SUVs, Trucks at 2019 Chicago Auto Show
sedan = セダン
*4ドアの普通乗用車の形態を指す総称。ハッチバック型も含む。
take (a) back seat to = 重要でない立場になる、二の次になる
*原意は「後部座席に座る」という意味で、車の話題なので原意も掛けた表現になっている。
SUV(Sport Utility Vehicle)= スポーツ用多目的車、SUV
truck = トラック、ピックアップ・トラック
*ここではピックアップ・トラックのことを言っている。米国では、一般家庭の間でもピックアップ・トラックに根強い人気がある。

◆for manufacturers to show off their latest and greatest products
manufacturer = 製造者、メーカー
show off = 披露する、お披露目する

◆about to enter the market.
about to = ~しそうで、~する直前で

◆But what is notable about this year's show
notable = 注目に値する

◆there has been a consistent movement of customers
consistent = 首尾一貫した、安定した

◆the utility of the vehicle
utility = 実用性、利便性、役に立つこと

◆the fuel efficiency
fuel efficiency = 燃費
*文脈上、SUV, trucksでも燃費効率の良い車を提供できるようになったということ。

◆ that they used to get
used to = かつて~だった

◆So, that's where customers are going.
*thatは、前段の内容からthe fuel efficiencyを重視する姿勢という意。

◆it is also taking away models
take away = 取り除く

◆of the Focus, Fiesta and Fusion cars,
*これらはいずれもセダン、小型車で、現在のトレンドから外れた車種。

◆to incorporate the expectation
incorporate = 取り入れる、組み入れる

◆The prominence, and choices, of SUVs,
prominence = 卓越性、目立つこと

◆crossovers and trucks
crossovers = クロスオーバー車
*セダンなどの普通乗用車と、SUVの特徴を融合させたタイプの車。crossoverには、垣根を超えた、交差したという意味がある。

◆stands in contrast
in contrast to = ~と対照的で

◆to its perennial auto show attraction
perennial = いつもの、例年の、毎年繰り返される
attraction = 魅力、呼び物

◆the Chevrolet Volt.
*シボレーはGM車のブランドの一つ。ヴォルトは、その代表的なハイブリッドカー。

◆The Volt was the top-selling electric plug-in vehicle
plug-in = プラグイン方式の、コンセントで充電できる
*完全な電気自動車は全てプラグイン方式なので、あえてplug-inという場合は、ハイブリッドカーでコンセントから充電できるタイプをいう。

◆of all time,
= 史上

◆but the recent sagging sales have led GM
sagging =(勢い、売上などが)下がって

◆"Volt was a great product for us,
*ここはGMシボレーのマーケティング責任者、Steve Majuros氏の発言。

◆had a great run -
run = 連続するもの

◆and the kind of cost configuration
configuration = 配置、レイアウト
*SIM訳では「コストのバランス」と意訳した。

◆Volt had its time,
time = 潮時

◆but was a great stepping stone
stepping stone = 足掛かり、踏み台

◆which was pure electrification."
electrification = 電化、電気化

◆to keep making a similar sounding car,
similar sounding = 似たような響きの
*VoltとBoltが発音、スペルが似ていることを示唆したもの。

◆the Bolt, all-electric vehicle,
*シボレーの電気自動車で、ハイブリッドカーのVoltとは完全に別の車種。

◆"So, we're not abandoning the car market completely.
abandon = 放棄する、あきらめる
car = 乗用車
*米国英語の一般的な概念区分として、carはセダンなどの普通乗用車のことで、SUVやtruck(ピックアップ・トラック)を含まない。

◆We're right-sizing our portfolio.
portfolio = 品揃え、ラインアップ

◆which made up about 70 percent of the 17 million vehicles
make up =(割合などを)構成する

◆expected to continue this year.
*expectedは、直前のa trendの述語動詞でなく、これを修飾する過去分詞形の形容詞的用法。

━━━━━━━━━━
★こちらはダイジェスト版です。解説付き完全版の登録へ →
https://www.tokyo-sim.com/mg/index.php
━━━━━━━━━━

上野巨志(ダン上野Jr.)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります