学校英語の弊害(1) | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


テーマ:

【今日のテーマ】

●「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界

学校英語の弊害 その1

「ワンポイントアドバイス」は、今日から新しいシリーズが始まります。

ここで初心に帰って、SIM学習法の根幹とも言える「SIM同時通訳方式」について、皆様とともに考えてみたいと思います。

これから私がお話しすることは、英語の神髄にして本質です。

これがわかれば、「英語の中心的なノウハウをつかんだ」と言うことができます。

「SIM同時通訳方式」の基本が身に付けば、後はこの方式を駆使して、実戦的なトレーニングを積んでいく、それで英語は必ず上達します。

今日から始まる新シリーズの名称は、「SIM同時通訳方式の素晴らしい世界」としたいと思います。

今回はその第一回、「学校英語の弊害(1)」です。

…さっそく始めましょう。

さて、日本人である私たちは、中学、高校、大学も合わせると10年間も英語を勉強しますよね。

でも、そのように長時間勉強した成果が、ストレートに結果として現れているでしょうか?

「学校で勉強した英語が実際の役に立たない」ということは、よく言われることです。

こんなに英語を勉強したのに「英語はどちらかといえば苦手だ」と、ほとんどの日本人が感じています。

これは大変に残念なことではないでしょうか。

せっかく苦労して勉強したものが、社会に出てから、あまり実際の役には立たないというのですから、本当にもったいないことです。

ところが現実を見れば、グローバル化がさらに加速している昨今、どうしても英語をコミュニケーションの手段として駆使しなければならない状況に、ますますなっています。

特に最近は、英語ができなければ、就職も転職もままならない時代に突入してしまった、ということができるでしょう。

ですから、英語を勉強しないわけにはいきません。

それで、どのような勉強をしたら、国際的に通用する英語力が身につくのかと、皆さんもいろいろ悩んだり、模索したりしてきたのではないでしょうか。

ここで注目したいのが「SIM同時通訳方式」です。

「SIM同時通訳方式」をマスターすれば、英米人に迫るスピードで、英語をすばやく正確に理解していくことができるようになります。

これで、英語を「直読直解」あるいは「直聞直解」することができるようになります。

英米人と同じ「ネイティブ思考法」で英語を理解していく、ということですね。

ところが日本人の多くは、このような理解の仕方をする上で、極めて障害になるものを持っています。

それが、私たちが学校で習った「返り読み」です。

「返り読み」的な理解をしているから、英語ができないのです。

この「返り読み」こそ、学校英語の弊害の最たるもの、と言うことができます。

ところで、この「返り読み」とは、いったい何なのでしょうか?

そして、これを解消して、英語を英米人と同じ思考法で理解する「SIM同時通訳方式」とは、いったいどんな学習法なのでしょうか?

そのことを、次回から詳しくご説明していきます。

「そんなこと知っている」という方も、また違った角度から説明していきますので、新シリーズをどうぞご期待ください。


…それではまた次回、お会いしましょう。
…お楽しみに!

上野巨志(ダン上野Jr.)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります