サバイバル英語術(その2) | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


テーマ:

【今日のテーマ】

サバイバル英語術(その2)

前回から「サバイバル英語術」のシリーズが始まっています。今日はその2回目です。

前回は、近い将来、英語ができなかったなら、あなたは手も足も出なくなる、というお話しをしましたが、それを読んで、不安がドッと押し寄せたという方がいるかもしれません。

でも、心配はいりません!

それを裏返せば、「英語ができれば恐くない!」ということです。

「本物の英語力」を身につけたあなたは、周囲の羨望のまなざしを一身に集めて、グローバル化したこの世界で堂々と、たくましく生きていくことができるでしょう。

ピンチをチャンスに変えることができるのです。

それを可能とするのが、当研究所のリスニング教材、「スーパーエルマー」なのです。

スーパーエルマーは「SIM同時通訳方式」の威力により、英米人のような「ネイティブ思考法」が養成されるので、英語をスピーディーに、そして正確に理解し、自在に話すことができるようになります。

さらに、スーパーエルマーは、CBSやVOA放送といった英語ニュースが教材です。

ここも大切なポイントです。

「ニュース英語」があなたの活路を開きます。

「エーッ、ニュース英語で勉強?」と、あなたは思うかもしれません。

「そんな難しいニュース英語などではなくて、もっと直接的に、ビジネスシーンのサンプルトークなどを覚えた方がいいんじゃないの?」と…。

…でも、ちょっとそれは違います。

どんな英語を英語学習の起点にするかは、実は大変重要な問題です。

特に日本国内に居ながら英語を学ぶ大人の学習者が間違えやすい点は、即効性を求めて、始めからスラングなどを交えた日常会話の習得を目指すことです。

一見、すぐ効果が出そうなサンプルトークを丸暗記しても、そのようなレッスン用に作られた言い回しを、実際の場面で使う機会などめったにないでしょう。

また、ひとくちに日常会話といっても、日常生活の個々のシーンがあまりにも多岐にわたっているので、学習の焦点が定まらず、結局、ほとんどの人が学習に挫折してしまうのです。

ここでクローズアップされるのが「ニュース英語」です。

なぜ、「ニュース英語」がそれほどまでに効果的なのか?


…その理由は、次回詳しく説明します。 
…お楽しみに!

上野巨志(ダン上野Jr.)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります