期待 anticipation | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!

【今日のテーマ】

「期待 anticipation(1)」

ワンポインアドバイスでは、アグレッシブ・リスニングについて、さらに深く突っ込んだお話を展開していますが、今日から「期待(anticipation)」についてお話しします。

前回、英語は「SIM同時通訳方式」で読むときにはじめて、面白く、手応えがあり、喜びをもたらしてくれるものになると言いました。

ただし、SIM同時通訳方式には、欠かせないあるひとつの条件があり、それがこれからお話しする「期待(anticipation)」です。

英語では、フレーズごとに「次にどんな言葉がくるのかな?」と次を「期待」しながら、読んだり聞いたりしています。

ですからこの「期待」が英語を理解する上では非常に重要になります。

なぜなら、英語とはまず話の核心「S+V」を言い、順次それを説明、補完、強化していく言語であるからです。

実際に例文を見てみましょう。


----------------------
Henry and Anna Polivoda were active retirees until they were hit while out for a walk in their Los Angeles neighborhood by a car fleeing police because of missing license plates.
----------------------

この英文をセンスグループで区切り、SIM訳を付けて読んでみましょう。

まず冒頭のセンスグループをご覧ください。


----------------------
Henry and Anna Polivoda were active retirees …
ヘンリーとアナ・ポリヴォダは活動的に引退生活を送っていました
----------------------

さて、このセンスグループを読んだだけでは、この話が どう展開していくかわかりません。

現役を引退した幸福な老夫婦がどうなったか、次のセンスグループを見てみましょう。

----------------------
until they were hit …
彼らがはねられるまでは
----------------------

読み手はここで 「エッ!はねられたの?」とびっくりします。

「晴天の霹靂(へきれき)」といった感じの展開ですね。

「それまでは活動的な引退生活を送っていたのにどうして?」と、 読者はつい先を読みたくなります。

私たちも先を読んでみましょう。

----------------------
while out for a walk in their Los Angeles neighborhood …
彼らのロサンゼルスの家の近辺を散歩中に
----------------------

「散歩中にはねられたのかー。かわいそうに。しかし一体 何でまた?」と読者の疑問はふくらむはずです。

そして、この先のセンスグループで、大体の話の流れが見えてきます。

----------------------
by a car fleeing police …
警察から逃げていた車に
----------------------

ここで読者は「逃走車だな!…でも、その車はどうして逃げていたんだろう?」と、さらに話の続きがどうなるか「期待」して待ちます。

----------------------
because of missing license plates.
ナンバープレートが無いために(逃げていた)。
----------------------

「あー、なるほど…!」と、ここではじめて、読み手は 話の全貌がわかります。

最後のフレーズまで読んだ瞬間、ジグソーパズルの最後のピースが はまった時のように「そういうことだったのか!」と納得するのです。

さて、ここで最も大切なことは何でしょう?

それは、今見てきたとおり、英語とはフレーズごとに「次はどうなるんだろう!」と、先を「期待」しながら順次、 理解していく言語であるということです。

つまり、「英語とは、『期待』がカギを握る言語である」、ということですね。


…この続きはまた次回。
…お楽しみに! 

上野巨志(ダン上野Jr.)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります