アグレッシブ・リスニング(5) | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


テーマ:
【今日のテーマ】

「アグレッシブ・リスニング(5)」

ワンポイント・アドバイスは、このところ「アグレッシブ・リスニング」というテーマでお話しています。今日は、アグレッシブ・リスニングについて、さらに深く突っ込んだお話をします。前回は、「翻訳の問題」についてご説明しました。ちょっと復習しましょう。

まず前回の例文をご覧ください。

----------------------
One in three U.S. children born in 2000 will become diabetic unless many more people start eating less and exercising more, a scientist with the Centers for Disease Control and Prevention warns.
----------------------

これを日本の学校英語で習う「返り読み」式に翻訳すると、次のような訳になります。

「より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎり、そして、より多くの運動をし始めないかぎり、2000年に生れたアメリカの子供の3人にひとりが糖尿病になります、と疾病対策予防センターのある科学者は警告します。」

このような複雑な英文を瞬時に訳すことは、私たち日本人にとって、なかなか難しいですね。

普通の日本人なら、このような英文を、文頭から文末まで行ったり来たりしながら、時間をかけて日本語に翻訳していくでしょう。

翻訳の問題点は、まさにここにあります。

「英語の語順」を、いったん「日本語の語順」に組み直して理解するわけですから、その分だけ無駄な時間がかかってしまう、というわけです。

これが、日本人の英語ベタの最大の理由だ、ということでしたね。

…前回は、ここまででした。今日は、この続きです。

しかし、前記のような複雑な英文も、SIM同時通訳方式で読むと、まさに瞬時に内容を理解することが可能になります。

どんなに複雑で構築的な英語も、センスグループごとに分解すれば、後戻りすることなくすっきりと把握できるからですね。

では実際に、SIM同時通訳方式でこの英文を読んでみましょう。

----------------------
One in three U.S. children born in 2000 …
2000年に生れたアメリカの子供の3人にひとりが

will become diabetic …
糖尿病になります

unless many more people start eating less …
より多くの人々が食べる量を減らし始めないかぎり

and exercising more, …
そして、より多くの運動を(し始めないかぎり、)

a scientist with the Centers for Disease Control and Prevention warns.
と、疾病対策予防センターの、ある科学者は警告します。
----------------------

このように複雑な英文も、SIM同時通訳方式でセンスグループに分解すると、文頭から文末まで英語の語順に沿って理解でき、決して文頭に戻る必要はありません。

読者はまた、センスグループごとに読むことで、水の流れに乗るように無理なく、英語の「意味の流れ」をつかんでいくことが可能になります。

では、この英文の「意味の流れ」を日本語で書き出してみましょう。

そうすると、とても面白いことがわかりますよ。

そこに、英語の「論理性」というものが非常に色濃く現されてくるからです。

「英語の論理性」とは何か?

…この続きはまた来週、ご説明します。
…お楽しみに!

上野巨志(ダン上野Jr.)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります