Jumpを聴く時の注意すべきポイント | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


テーマ:
【今日のテーマ】

「Jumpを聴く時の注意すべきポイント」

ワンポイント・アドバイスは、このところ「日本人に最適の英語習得法」というテーマでお話しています。

前回は、Skipで「英語の語順」で理解するというお話でした。
 
今回は、スーパーエルマーの独自メソッド「即聴即解トレーニング」Hop,Skip&JumpのJumpについてお話しします。

Jumpとは、元の英文をそのまま聴く訓練です。

Hop、Skipとトレーニングを積んできましたので、この段階で、かなり「ネイティブ思考法」が身に付いているはずです。

ですから、元の英文Jumpを聴いても、瞬間的にその意味がわかる段階に達しているでしょう。

ところが、ここで注意しなければならないことがあります。

それは、元の英文を聴く時、「返り読み」的発想に戻らないことです。

「返り読み」のクセは、HopとSkipのトレーニングによって、かなり解消されていることと思いますが、元の英文を聴いた時に、この「返り読み」の感覚が甦らないように気を付ける、ということですね。

ですから Jumpの段階では、あくまで文頭からセンスグループごとに、意味を瞬間的にとらえていくように、特に気を付けなければなりません。

いかかでしょうか?

今日まで何回かに分けて、スーパーエルマーのHop,Skip&Jumpについて、説明してきましたが、このHop,Skip&Jumpで訓練すると、驚くほどのリスニング力が身に付きます。

なぜなら、特に Hopと Skipのトレーニングによって、英語を「英語の語順」でセンスグループごとに頭から理解していく、「ネイティブ思考法」が身に付くからです。

つまり、ネイティブと同様の思考法に脳が切り替わるので、「英語が理解できて当然!」というわけですね。

その証拠に、スーパーエルマー受講生から、リスニング満点、スコア激伸が続出していますが、これは、当たり前の結果に過ぎないのです。

ところで、ここまで私の説明をお聞きになった方の中には、ある重大なことに気づかれた人がいるかもしれません。

それは、たいていの学習者がしている英語の学習とは、Hop,Skip&JumpのうちのJumpだけを聴いているのと同じだ、ということです。

つまり、英語をそのまま繰り返し何度も聴いているだけ、ということです。

もちろん、全文訳が付いていたり、自分で調べたりとかで、英文の意味はわかっているかもしれません。

でも、それでは、リスニング力はなかなか身に付かないのです。

なぜなら、それでは「語順の問題」が全く解決されていないからです。

Hopと Skipで「語順の問題」を解決してから英語を聴かなければ、実は何の意味もありません。

スーパーエルマー受講生の中にも、Hop,Skip&JumpのHopとSkipをすっ飛ばして、Jumpばかりを聴く人がいますが、それでは上達はおぼつきません。

結局、Hopと Skipが決定的に大切なのだ、というわけですね。

皆さんも、圧倒的なリスニング力を身につけたい、とお考えなら、ぜひ一度、スーパーエルマーを検討してみてはいかがでしょうか。

以上、ワンポイント・アドバイスでした。

来週は、「語順の問題」とリスニングとの関係について、もっと踏み込んでお話をいたします。

…それではまた次回。

…お楽しみに!

上野巨志(ダン上野Jr.)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります