Skipで英語を英語のまま理解する(後編) | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


テーマ:
「Skipで英語を英語のまま理解する(後編)」

ワンポイント・アドバイスはこのところ「日本人に最適の英語習得法」というテーマでお話しています。

前回は、「Skipで英語を英語のまま理解する(前編)」でした。

スーパーエルマーの独自メソッド「Hop,Skip&Jump」のSkipについて説明しました。

ところで、この Skipの訓練について、次のように質問してくる方がおられます。

「スーパーエルマーの案内資料を読みましたが、Skipの時に、フレーズごとの意味を頭の中でイメージするとは、具体的にどういうことですか」

…というご質問です。

ご質問にお答えしますと、英語音声の意味を頭の中でイメージするとは、その英語音声の意味が、自分なりの言葉、あるいはイメージで理解できるということです。

自分なりの言葉ですので、その際、SIM訳と全く同じである必要はありません。

たとえば、スーパーエルマーのテキストの中に次のような英文があります。

Angela Brawn has been winninng raves …

この英語音声のSIM訳は、「アンジェラ・ブラウンは絶賛を得ています…」ですが、これを聴いて、その通りのSIM訳を再現しなければならない、というわけではありません。

たとえば、「絶賛を勝ち得ている」「激賞を得ている」などそういった自分なりの言葉、あるいはイメージで、内容が理解できていれば良いのです。

そうしてSkipでトレーニングを積むうちに、ravesの raveを、「絶賛、激賞」と頭の中で日本語変換する過程をスキップして、rave は raveと、英語のまま意味がとれるようになってきます。

そして、日本語を介さずに英語が英語のまま、英語の語順で、理解できる範囲がどんどん広がっていきます。

要するに、どんどんネイティブレベルに近づいていく、ということですね。

Skipには、このような学習効果があるのです。

いかがでしょうか?

今日は、今日はHop,Skip&JumpのうちのSkipについてお話をしました。

次回は、Jumpについてお話しします。

ご期待ください。

…それではまた次回。

…お楽しみに!

上野巨志(ダン上野Jr.)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります