Skipで英語を英語のまま理解する | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!

【今日のテーマ】

「Skipで英語を英語のまま理解する」

このところ「日本人に最適の英語習得法」というテーマでお話しています。

前回は、「全文訳の弊害」というお話をしました。

SIM同時通訳方式では、英語学習の初めのうちは、積極的に日本語を使うことを推奨していますが、全文訳では意味がないのです。

結局、日本語の触媒効果を利用するとしても、その日本語は「英語の語順」になっていなければならない、ということですね。

そのために開発されたのが、Hopに付いている「SIM訳」です。。

日本語が「英語の語順」で並んでいる「SIM訳」だからこそ、「返り読み」する必要なしに「日本語の触媒効果」を発揮して、英語の意味をバチッとインプットすることができるのです。

…以上が、前回のお話です。

今日は、いよいよHop,Skip&Jumpの Skipについて説明しましょう。

スーパーエルマーのHopでは、フレーズごとに句切られた英語音声の直後に、日本語音声を吹き込んでありますが、Skipはそこから日本語音声を取り去り、そこがポーズになっています。

Skipには、このように無音のポーズがありますが、このポーズを利用して、センスグループごとの意味を、素早くイメージする訓練をします。

そうすると「英語の語順」で瞬間的に、内容を聞き取ることができるようになります。

Skipの訓練は、最初のうちは、フレーズの意味を日本語でイメージしてもかまいません。

ですが、慣れるにしたがって、次第に日本語から離れて、英語だけで内容をイメージするようにします。

これで、英語が「英語の語順」で「英語のまま」、理解できるようになるのです。

つまり、Hopが積極的に日本語の触媒効果を利用して、英語の意味をバチッとインプットする訓練だとしたら、Skipは日本語から離れて「英語を英語のまま」理解する訓練だということになります。

つまり、英語を日本語を介することなく、「英語のまま」「英語の語順で」理解する、ということですね。

そのような境地に達することが、私たちの最終目標であるべきです。

それが、ネイティブもしている英語理解の仕方だからなんですね。そのために開発されたのがスーパーエルマーの Skipです。

ただし、いくら英語を英語のまま理解するといっても、それはかなり難しく高度な話ですので、学習の途中の段階でそれができないからといって、落ち込む必要は全くありませんよ。

「英語を英語のまま理解する」というのは、あくまで努力目標と捉え、リラックスしてトレーニングを積み重ねるようにします。

そうするうちに、次第に、日本語を介さずに、英語を英語のまま、英語の語順で、どんどん理解できるようになります。

…この続きは、また次回。

…お楽しみに!

上野巨志(ダン上野Jr.)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります