TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長、ダン上野Jr.がお届けする英語最新情報!

【今日のテーマ】

●「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界

「日本人に最適の英語学習法」その3

  
前回の内容は、

英語学習時に日本語を最大限に利用しよう、ということでした。

英語のみにシフトするのは次の段階でいいのです。 


さて前回、私は次のように言いました。

「英語を英語のまま理解するという考えにはかなり無理がある」

今日は、このことをわかりやすく説明しましょう。


たとえば、前回の例文です。

---------------------------------
They say good things come to those
人は、よい事は人々にやってくると言います

who wait,
待つ(人々に)

but the patient singer
しかし忍耐強い歌手は

you’re about to meet
あなたが今、会おうとしている(歌手は)

never imagined
思いもしませんでした

how one night would change her life forever.
一晩が彼女の人生をこんなに変えるとは、永遠に。
-------------------------------

上記、but the patient singer のうち singerは、日本語がなくても頭の中でイメージしやすいでしょう。

歌手が歌っている姿をパッと浮かべれば良いのですから。


ところが、patientはどうでしょうか。

日本語訳は「忍耐強い」です。

これを日本語の助けなしで具体的にどのようなイメージを持てばよいのでしょうか?

さあ、皆さんやってください。

patientのイメージを具体的に頭の中に思い浮かべてください。

…すごく大変なんじゃないですか。


なぜ難しいかというと、patientは物を表す言葉ではないからです。

これは、ひとつの概念を表す言葉です。

概念を表す言葉を、日本語の助けなしに理解することはとても難しいことです。

初級者であるほどそうです。

いや中級者でもかなり難しいでしょう。


結局、英語を英語でそのまま理解することは上級者でなければ無理なのです。

ところが、「英語は英語で理解する。日本語を介してはダメ」と主張する人達がいます。

それらの人々はこの前述のことを忘れがちです。

つまり、物を表す言葉はイメージするのが簡単です。

でも概念を表す言葉をイメージするのは非常に難しい、ということです。


ですから“patient”は日本語の助けを借りて、「忍耐強い」と認識するわけです。

するとpatientは「忍耐強い」という意味とガッチリ結びつきます。

それで、ひとつの概念として私たちの脳に刻み込まれます。


いったん意味が刻み込まれたら、今度は、次第に日本語の媒介なしに認識することができるようになります。

つまり、

・最初は日本語の助けを借りること。

・上達したら日本語から離れること。

これが、日本人に効果的な英語学習法です。


ですから日本語を最大限に活用した Hop が最も大切なステップになります。

このHopで充分なトレーニングを積むと、どうなるでしょうか?

英語がセンスグループごとに「英語の語順」で素早く正確に理解できるようになります。

その結果、英語力が大幅にアップします。


次の段階として、今度は日本語から離れるようにします。

スーパーエルマーの学習で言うとSkipの段階ですね。

Skipは、何かというと…。

それについては、また次回お話ししましょう。


…この続きは、また次回。

お楽しみに!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

danjrさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります