音節リズムの法則 <具体例のまとめ> | TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!

【今日のテーマ】

●「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界

「音節リズムの法則」具体例のまとめ


前回は、「動詞の語尾の変化をリズムで捉える」という内容でした。

ちょっと復習してみましょう。

-----------------------
run → runs

drive → drives
-----------------------

動詞に三人称単数現在の sがつきました。

esではなく sなのでどちらもリズムの数は増えません。

両方とも1拍のまま、ということでした。

次の2例です。

------------------------
promise → promises

dramatize → dramatizes
------------------------

これらは eが生きて3拍から4拍に拍数が変化します。

つまり語尾の音の性質によって語尾の eが母音になって現れるのです。

ここがポイントでしたね。


…ここまでが、前回です。

いかがでしょうか。


拍数が変化するものと変化しないものがあります。

ここをきっちり意識して区別しなければなりません。


最後に、具体例をまとめて書いておきます。

確認しておいてください。

-----------------------------------

◆ 複数形で拍数が変化しない名詞1)と一拍増える名詞2)

1)books, bats, bags, balls, continents, riddles, circles, gloves,

knives, wives, flies, fries, candies, families

2)dishes, watches, sandwiches, stitches, smashes, languages, oranges,

judges, noises, hinges, privileges, axes, taxes


◆ 三単現で拍数が変化しない動詞3)と一拍増える動詞4)

3)runs, cuts, sees, looks, notes, adapts, plots, executes, drives, loves, lives, gives

4)raises, praises, exercises, promises, ceases, memorizes, catches, snatches, perches, washes

◆ 過去形で拍数が変化しない動詞5)と一拍増える動詞6)

5)looked, asked, worked, perched, marched, smashed, realized, normalized, centralized

6)waited, limited, expected, wanted, corrected

-------------------------------------


「SIMの発音習得法」シリーズの「語尾の変化をリズムで捉える」は今回で終わります。

次回は「SIM音読と音節リズムの法則」ということでお話します。


…この続きはまた次回。

お楽しみに!

上野巨志(ダン上野Jr.)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります