TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEIC(R)Test 満点続出の謎を解く!

TOEICリスニング満点続出のロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の東京SIM外語研究所所長がお届けする英語最新情報!


テーマ:
英語リスニング教材「スーパーエルマー」は、1989年の講座開設以来20万人以上が受講。受験生からTOEICリスニング満点、英検1級合格者が続出して「英語の最終教材」と言われています。


今なら案内資料をプレゼント!
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
今すぐクリック!


東京SIM外語研究所



テーマ:

「引き込まれました」喜びの声をご紹介

★こちらはダイジェスト版です。解説付き完全版の登録へ →
https://www.tokyo-sim.com/mg/index.php

━━━━━━━━━━
TOEICリスニング・リーディング特効薬!
<No.740>  4/11/2019
━━━━━━━━━━

こんにちは。東京SIM外語研究所 所長の上野です。本日もまず、当研究所の英語教材でTOEICスコアアップに定評のある「スーパーエルマー」受講生の声をいくつかご紹介します。すべて、習熟度テスト提出時に感想欄にいただいたものです。
※コメントは個人の感想です。

最初にお届けするのは、VOAコースを受講された、神奈川県にお住まいのS・Yさんです。

--------------------
ストーリーの内容が面白くて引き込まれました。

先日、5月に受けたTOEICの結果が返ってきました。スコア740点。今回の目標を大きく上回り、前回から100点以上アップしていたので少しびっくりです。

これからもがんばります!
--------------------

S・Yさん、さらに上を目指して楽しみながらがんばってください!

次に、VOAコースを受講された、東京都立川市にお住まいのK・Tさんのご感想です。

--------------------
ほぼ毎日通勤電車の中で聞き続けた結果、TOEICスコアが前回よりも約200点向上しました。

でもまだ納得のいくレベルではありませんので、今後も継続していきたいと思っております。

スーパーエルマーは英語学習する上で、とても有効であると認識しております。

VOAコースがマスターできたら次はCBSコースにチャレンジしたいと考えております。
--------------------

K・Tさんは通勤電車で毎日聞かれたとのこと、継続することで大きな成果を得られるのもスーパーエルマーの特徴なんですね。

最後に、CBSコースを受講された、川崎市にお住まいのM・Kさんからのご感想です。

--------------------
スーパーエルマーを聞いた後にラジオでAFN(米軍放送※)を聞くと、スピードが遅く感じられるくらいで不思議な感じがしました。

このトレーニングのおかげで仕事でネイティブと技術討論するときもヒアリングが楽になり、ほとんど聞きもらしがなくなりました。

TOEIC受験はこれから計画しますが、どれくらい上がるか楽しみです。
--------------------
※カッコ内はSIM注釈

M・Kさん、お仕事でもヒアリングが楽になったとのこと、うれしいご報告をありがとうございました!

たくさん寄せられる喜びの声から3人の方をご紹介しました。

あなたもスーパーエルマー受講生の先輩たちのように「ネイティブ思考法」を身につけて、英語総合力の大幅アップを体感してみませんか?

今ならスーパーエルマーの解説本「TOEICスコア激伸の謎を解く!」を無料で入手できます。ただし先着250名様限定となっていますので、ご希望の方はお早めに!

↓今すぐゲット↓
http://www.tokyo-sim.com/sb_tky/




・・・それでは学習スタート!

━━━━━━━━━━
◆CONTENTS◆
━━━━━━━━━━
1.Today's News Story
2.Words & Phrases
3.解説
4.ワンポイントアドバイス:サバイバル英語術(その6)
5.英語の聖書を読む

*3,4,5は完全版のみの掲載となります。
*完全版の登録はこちらから↓
https://www.tokyo-sim.com/mg/index.php



━━━━━━━━━━
■1■ Today's News Story 
━━━━━━━━━━
──────────
☆初めての方は記事を読む前に、必ずこちらを読んでください☆
< 同時通訳方式とは?> → 
https://www.tokyo-sim.com/tkytowa.html
< 学習の仕方> → 
https://www.tokyo-sim.com/tkyhowtoz.html

──────────
■本日のニュース音声を聞く→ 
https://tokyo-sim.com/atkyd/sound740/
──────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━
Democrats See Health Care as Winning Issue in 2020 US Election
━━━━━━━━━━━━━━━━━
医療保険政策で米大統領選の勝利狙う民主党
━━━━━━━━━━━━━━━━━

Growing public support
国民の支持拡大は

for health care programs
医療保険制度への

helped the Democratic Party
民主党を後押ししました

win control of the U.S. House of Representatives
米連邦下院の支配権を獲得することを

in the 2018 election
2018年の選挙で

and advocates believe
そして支持者は信じています

it will also help the party nominee
このことはまた党候補者を後押しすると

in 2020.
2020年に。


"Health care is a winning issue
「医療保険は勝利を導く政策課題です

for Democrats.
民主党にとって。


So, I think
ですから、私は思います

any way
あらゆる方法が

that they focus on health care and solutions
彼らが医療保険と解決策に焦点を絞る(あらゆる方法が)

is gonna be beneficial
有利に働くと

to them."
彼らにとって」


Republicans have had to fend off criticism
共和党は批判をかわさなければなりませんでした

that conservative efforts
保守派の取り組みが

to cut government funding
政府支出を削減するための(保守派の取り組みが)

would deny care
医療ケアを否定することになるという(批判を)

to many in need.
多くの困窮する人々に対する。


"No one's trying to deny the sick health care.
「医療保険制度に問題があることを否定しようとしている人はいません。


I think
私は思います

that's an important thing
そこが大事なことだと

to clarify.
明確にすべき。


What's important is
大事なことは

how we achieve that."
どうやって我々が問題解決を実現するかということです」


The rising cost of health care
医療費の高騰は

continues to be a major concern
引き続き大きな関心事です

in the U.S.
米国で。


Senator Bernie Sanders
バーニー・サンダース上院議員は

who lost the Democratic presidential nomination in 2016
民主党の大統領候補指名を逃しましたが、2016年に

is again running
再出馬しています

on the promise
公約に基づいて

to expand the government Medicare program
政府のメディケア制度を拡充するという

for senior citizens
高齢者のための

to provide universal health care
国民皆保険サービスを提供するために

funded by increased taxes.
増税で資金をまかなう(国民皆保険サービス)。


"The goal of a rational health care system is
「まともな医療保険制度の目標は

not to make insurance companies billions in profits."
保険会社に何十億ドルもの利益を上げさせることではありません」


But there are concerns
しかし懸念があります

that proposing a government takeover
政府による買取りを提案することが

of the $2.5-trillion health care industry
2兆5億ドルの医療保険業界の

could alienate centrist voters
中道派の有権者を遠ざけかねないという(懸念)

in the general election.
総選挙で。


President Donald Trump has criticized Democratic health care proposals
ドナルド・トランプ大統領は民主党の医療保険に関する提案を批判しました

as socialist.
社会主義的だと。


"Democrat lawmakers are now embracing socialism.
「民主党議員は今や社会主義を信奉しています。


They want to replace individual rights
彼らは個人の人権を取って替えたいと思っているのです

with total government domination."
政府による完全支配に」


During the 2016 campaign,
2016年の選挙期間中

Trump promised
トランプ氏は公約しました

not to cut assistance programs.
援助プログラムを削減しないと。


But in this year's budget,
しかし今年の予算では

the president proposed reducing funding
大統領は資金の削減を提議しました

for both Medicare and Medicaid,
メディケアとメディケイドの双方のための

which provides medical assistance
それは医療支援を提供するものです

to the poor and disabled.
貧困層と障害者の人々に。


Brian Padden, VOA News, Washington.



■このニュースストーリーの音声を聞く →
https://www.tokyo-sim.com/atkyd/sound740/
※当サイトおよび音声ファイルはメルマガ配信60日後に削除します。

■SIM音読用英文を見る →
https://www.tokyo-sim.com/atkyd/ondoku/740.html

■オリジナル英文を見る →
https://www.tokyo-sim.com/atkyd/original/740.html





>> WARNING!
本メルマガの音声は、当研究所が開発したロングセラー英語教材「スーパーエルマー」の学習理論である「Hop, Skip&Jump」のうちのJumpに当たります。

Jumpそのものは元の英語そのままです。
ですからJumpばかり聴いていても「本物の英語力」は身につきません。

「英語の語順」で英語が理解できる「ネイティブ思考法」を身につけるためには、「Hop, Skip」が最も重要です。

英語総合力を伸ばしたい方には「スーパーエルマー」をお勧めします。

詳しくはスーパーエルマー総合サイトへ!
https://www.tokyo-sim.com/index.php?k=TKP



━━━━━━━━━━
■2■ Words & Phrases 
━━━━━━━━━━

◆Democrats See Health Care as Winning Issue in 2020 US Election
winning = 勝利を導く~、勝利した~
*2020 US Electionは、来年11月の大統領選と議会選挙のこと。トランプ氏の再選がかかっているほか、連邦議会の勢力地図が一変する可能性もある。現在の医療保険制度は、もともと民主党のオバマ政権が主導して成立させ、共和党が受け身で対抗してきた経緯があるので、政策の議論自体が民主党に有利に作用する傾向がある。

◆win control of the U.S. House of Representatives
U.S. House of Representatives = 米連邦下院

◆in the 2018 election
*昨年の連邦議会選挙のこと。上院は与党・共和党が過半数を維持したが、下院は野党・民主党が過半数を奪ったので、事実上の「ねじれ議会」になった。

◆and advocates believe
advocate = 擁護者、支持者

◆it will also help the party nominee
nominee = 指名・任命された人
*the party nomineeは、民主党の大統領候補者。米大統領選は、まず予備選で民主党、共和党がそれぞれの党内候補者を絞り込み、11月の本選挙で両党の候補者が一騎打ちする形で行われる。

◆"Health care is a winning issue
*ここは、医療保険の拡充を求める民主党系の組織団体、Protect Our CareのAnne Shoup氏の発言。

◆that they focus on health care and solutions
they = Democrats

◆is gonna be beneficial
beneficial = 恩恵のある、メリットのある

◆Republicans have had to fend off criticism
fend off =(攻撃、批判を)
criticism = 払いのける、かわす

◆that conservative efforts
conservative = 保守派の
*ここではRepublicanとほぼ同義で使われている。

◆to many in need.
in need = 困窮した、貧困の

◆"No one's trying to deny the sick health care.
sick = 機能不全の
*ここは共和党系、保守系のシンクタンクThe Heritage Foundation のMeridian Paulton氏の発言。発言の主旨としては、共和党も民主党も、いまの医療保険制度が機能していないという事実を否定しているわけではないということ。

◆to clarify.
clarify = 明らかにする、明確にする

◆how we achieve that."
*thatは文脈上、いまの医療保険制度の問題点を解決することを言っている。

◆continues to be a major concern
concern = 懸案、関心事項

◆is again running
run =(選挙に)出馬する

◆to provide universal health care
universal = 万人の

◆"The goal of a rational health care system is
rational = 合理的な、理にかなった、まともな

◆that proposing a government takeover
takeover = 企業買収、乗っ取り
*a government takeover of the $2.5-trillion health care industryは比喩表現。民主党が目指す国民皆保険に近い制度は、現在、民間の保険会社が行っている事業を政府が買収するのに近いところがあるので、このような表現になっている。

◆could alienate centrist voters
alienate = 疎外する、遠ざける
centrist = 中道派の

◆in the general election.
*これは来年の大統領・議会選挙、表題の2020 US Electionのこと。

◆as socialist.
socialist = 社会主義的な

◆"Democrat lawmakers are now embracing socialism.
embrace = 信奉する、抱擁する

◆They want to replace individual rights
replace A with B = AをBに取り換える、置き換える

◆with total government domination."
domination = 支配、占有

◆which provides medical assistance
*ここは、provideに三単現のsが付いていることからも明らかなとおり、直前のMedicaidだけに係っている。Medicareについては、少し前にMedicare program for senior citizensという説明がある。この2つの代表的な医療保険プログラムは、対象者がそれぞれ異なる。

◆to the poor and disabled.
disabled = 障がい者

━━━━━━━━━━
★こちらはダイジェスト版です。解説付き完全版の登録へ →
https://www.tokyo-sim.com/mg/index.php
━━━━━━━━━━


テーマ:

【今日のテーマ】

●「SIM同時通訳方式」の素晴らしい世界

学校英語の弊害 その3

「ワンポイント・アドバイス」では、 「SIM同時通訳方式の素晴らしい世界」というシリーズが始まっています。

今日はその3回目です。

普通、学校の教育現場では、英米人のように「英語の語順」で即読即解していくような勉強をしていません。

そうではなく、「語順」をひっくり返して、きれいな日本語に「翻訳する」ことばかり勉強しています。

しかし、本来「英文の内容がわかる」ことと「翻訳する」ことは、実は全く別のことなんですね。

翻訳とは、「日本語がよくわかっている人が、英語の内容を整った日本語に組み上げる」という大変に高度な知的作業です。

それだけに、誰にでもできるというものではありません。

それなのに日本の英語教育では、「英語を英語の語順のまま理解する」という教授法が開発されなかったために、「日本語に翻訳して」つまり「語順をひっくり返して内容を理解する」という教授法を採用してしまったんです。

ところが、この「翻訳」には大きな問題があります。それは、「時間がかかりすぎる」ということです。

前回例に出した the day before yesterday のように、ごく短い語句の場合は、あまり問題は出ないでしょう。

しかし、これが長い文章になると、それを文頭から文末まで行ったり来たりしながら訳すことになるので、恐ろしく時間がかかってしまいます。

ですからこの教授法は、英語を素早く理解する上では全く適さないものと言わざるを得ないのです。

このような英語教育を受けた結果、生徒の側も、英語を日本語に翻訳してしまえばもう安心してしまいます。その後は試験の前に単語を覚えます。

これでは、「本物の英語力」が身に付くわけはないですね。


…この続きは次回、お話しします。
…お楽しみに!