国境をまたいでの移動が19日解禁。

これで他国へ攻め入ることができるビックリマークっていうても仕事ではまたぎまくりやけどね。

山城はもうきびしい季節となったので、またあれこれと企てねばならん。

 

 

美濃(恵那)・明知城の続きです。

 

西側は自然の大きな谷となっています。天神神社からでらい切岸の下を通り大手道へ合流し、最初に見えた堀切から主要部を目指します。

 

横堀も竪堀も掘られてなくて自然地形のまんまな感じですが、こちら側からは敵の侵入を想定してなかったか、自然の谷と強力な切岸に敵の侵入はムリだと踏んでいたか?

 

 

これは横矢を備えた竪堀か!? 縄張図にもこの西側斜面には遺構が描かれてねいので自然地形かもしれない。

 

明知城一番の難所ビックリマークそうでもない 

 

 

堀切に出た。いちばん最初に見た堀切ではなくて、絵図では右下(西北)にある独立した曲輪(名は分からず)の堀切です。

 

 

その曲輪です。

 

 

その曲輪の腰曲輪

 

 

その曲輪から見た本丸方向。

 

 

その曲輪からショートカットするためにこんなとこ通る 🤣 山城あるある。堀切か~横堀か~あいや~丸太道や~!

 

 

最初の大手道に出た。

 

 

最初に見た①の堀切。本丸へ行くにはここからと、あと搦手側から行ける。

 

 

さっきから気になってた建物が見えてきた。

 

 

休憩所であった。休憩して両側の曲輪から猛撃を喰らうとアカンので、そのまま進撃します。

 

堀切と曲輪の説明板。因みに、このように各所ごととパンフに竪堀、横堀、切岸などが絵で説明されていて、わしのような初心者足軽にも分かりやすい。

 

 

堀切右側の曲輪に上がってみます。

 

 

曲輪名は不明。北西出丸①とでも名付けときます。

 

 

堀切向うに先程制覇した北西出丸①と名付けておこう。が見える。

 

 

堀切の向うが本丸方向で、今こちらに見えてるのは三の丸。その奥が本丸である。

 

 

お読みください。

 

 

キケンなので走らないでください。

 

 

歩いて来た谷側ですが、う~ん竪堀かも?それも中央のモリモリは土塁で左に曲がって落ちて行ってるかも!? もっとよく観察したよかった

 

 

さて、いよいよ主曲輪部へ突入します。

 

 

そして、またまた続いてしまいます。

 

 

 

 

20/03/20

 

 


お城・史跡ランキング