みなし仮設お茶会に参加してきました!みなし仮設って知っていますか?11月30日 | Dandeらいおん夏月のブログ

Dandeらいおん夏月のブログ

Dandeらいおんの活動報告や被災地の声
ボランティアを通して出会えた人の紹介
日々思う事、感じたことを書いていきます


テーマ:

先週は、登米市津山町の『みなし仮設』の皆様にお会いして来ました


実は横山の仮設入居者の中に
社協(社会福祉協議会)の方がいらして


『みなし仮設の方々にも何かご支援いただけませんか?』と相談をうけていたんです


みなし仮設というのは、民間のアパート等を国や県が借り上げて、被災者の皆さんに提供している住宅のことです


民間のアパートなど既存の建物なので、いわゆる一般的な仮設住宅とは違い、一ヶ所に纏まらず点在しています


そのため、外見からは仮設住宅であることが認識しづらく

ボランティアなど支援の手が行き届かない‥




11月30日に、社協主催のもと津山町のみなし仮設の皆さんを集めてのお茶会があると伺い

様子見を兼ねてお邪魔することにしました(#^.^#)





せっかく伺うなら‥と

みなし仮設の皆様へ差し入れを持って行くことにしました





昨年、(株)仲屋むげん堂様よりご支援頂いた大量の冬物衣類を始め、配りきれずに保管していた衣類など



それから先日届いたばかりの


ふにゅ・ω・ちゃんから頂いたじゃがいももお裾分けして来ました
(*´∀`*)






ただ今回は本当に飛び入り参加の様なもので(^^ゞ







持って行った物資をお渡ししてすぐにお暇しましたので、あまりお話もできませんでした


後日、社協担当者の方からご連絡を頂き


『皆様本当に喜ばれていました。ありがとうございました』とメッセージを頂きました





この様なみなし仮設は他にもたくさんあります

おそらくどこも支援の手が行き届いていないと予想されます



今後も機会があれば積極的に伺い、どのような状況か?

どんな支援が必要かを考え

私たちにできることがあれば
手を差し伸べたいと思っています






実は昨日、12月3日は
登米市中田町のみなし仮設の皆様とお会いしてきました
(#^.^#)


そのご報告はまた次回とさせて頂きます

Dandeらいおん夏月さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス