僕の化学の勉強法 | 二浪して東大に合格した話

二浪して東大に合格した話

現在東大で物理を学んでいます。TOEFLや受験のことなどかこうかな


テーマ:

こんばんは!さて、化学です。後でも書きますが化学ははっきり言ってある程度できるようになるとあとは計算ゲーです。したがって電卓可ならだいたいの入試問題を解けるけど現実では点数は取れないという状態が化学に限っては起こり得ると思います。

僕は化学の入試問題は電卓を可にしてもっと範囲を広げて問題を難しくした方が化学を勉強した人が点数をとれる問題になるのではないかと思うんですが・・・


では時系列順に

駿台化学特講1夏期講習(4月~5月)

まずは昨年受けたものを復習しました。これははっきり言ってかなりいいテキストです。問題量もなかなか多いのですが全て解ききりました。やり方は2回連続で解けるまで繰り返すという感じです。あまりにもできない問題は10回やりました。(といっても完全に解くのは5回目と10回目だけでその他の時は図を書き解法を頭に思い浮かべる感じです。)


化学ⅠⅡの有機化学が面白いほどわかる本(4月)

景安先生の著書で今はもう売っていないと聞きました。(中古ならあるかも)基礎を入れ直すためにやりました。構造決定の解き方とかが載っていてよかったです。この前見ましたが有機の新課程なら照井式も良かった気がします。

とにかくまずは基礎をいれるのが大事です。


Doシリーズ無機(5月)

福間先生の著書です。反応式の書き方が載っていて非常にわかりやすかったです。これで無機で必要な知識を頭に入れました。覚えた後もこの本と先ほどの有機の本は模試前や忘れている感じがしたときに何回も読み返していました。暗記は反復が大事です。


新演習(7月~12月)

僕の受験生活はこの本なしには語れません。新演習は東大を目指すならすらすら解けるレベルにならないとダメです。東大をはじめとする難関校で得点できる問題が集められています。また知識問題も結構細かいところまで書いてあるのでこれだけやっておけば知識的に知らないものはなくなると思います(逆にこれをやって知らないものが出たら必ず問題文にヒントがあります。)

理論は2回できたら終わり。有機は構造決定はなるべく1回目で正解することを心がけていました。というのは構造決定はだいたい1回目で覚えてしまうので2回目からはだいたいなんの物質かわかってしまうからです。

無機、有機の知識問題に関しては全て10回やりました。


東大の過去問10年分(8月)

鉄緑会のものを使いました。物理とセットで解きました。やり方は物理の勉強法で書いたようにやりました。


模試問題(11月、12月)

これも物理とセットです。


総復習(残り期間)

化学の過去問は2000年代のものは全部やりましたがそれより昔は傾向がかなり異なる感じがしたので鉄緑会の過去問に載っているものだけやりました。それ以外は受けた東大模試を解きなおしたり知識の確認をしたり解いた過去問を解きなおしたりしました。その時は必ず物理とセットでやっていました。結局化学は時間との闘いなので物理とセットで時間を測らなければ演習の効果が薄れてしまうと思います。後は早稲田と慶應の過去問も3年ずつやりました。難易度はどちらも新演習くらいです。


計算力について

化学に関してはこれくらい演習を積むと計算力勝負になってきます。特に東大は問題が明らかに多いので計算力が占める割合はかなり大きいと思います。実際僕の周りの人はみんな計算が早いです。僕も勉強の時電卓は使わずに全部手計算していました。


余談ですが大学に入ってから友達のALESSの実験に協力して記憶力と計算力を測るテストをしました。すると僕は圧倒的に最下位でした。笑

まあ、計算力と記憶力がないのは高校の時から感じていましたが・・・

ただそんな僕でも受かったわけですから努力次第で何とかなります。計算力がないと思う人はまず手計算で問題を解くところから始めるといいと思います。


以上。

投票お願いします↓
http://suguni.todai.in/ranklink.cgi?id=gffff

トレーナーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。