以前アコラバの基本について書きました。

今回はその補足です。

 

瀬戸内海は潮流の変化が大きい海域です。

場所にもよりますが島が多い海峡部などでは大潮での潮流は8ノット以上にもなります。

もちろん潮止まりは0ノット近くに落ちるので流速の変化が大きいことを理解してください。

 

(このような島嶼部は潮流が速く流れも複雑)

 

基本的に潮流は海面と海底付近が同じ速度で流れることはありません。

海底に起伏があれば潮流は海面よりは遅くなります。

起伏が岩礁であれば流れが当たる面より裏側の面の方が緩やかです(例外もあります)。

 

基本的に瀬戸内海でアコウを狙う釣り場は潮流が速く底が岩礁で起伏がある場所が中心です。

潮流が速ければアコウが流れの中居続けることは困難です。

潮流が速いとアコウは根の上に出てきておらず、流れが少ない岩礁の起伏の中や裏側にいて積極的に動き回りません。

潮流が緩むと岩礁の表面(潮流の当たる側)や上に出てきて餌を追えるので餌を追いやすくなります。

釣り人からすると釣りやすくなる状況です。

場所にもよるでしょうが1ノットぐらい?が釣りやすいのではないでしょうか。

完全に潮流が止まるともちろん捕食しにくくなります。

 

ちなみに以外と多くの釣り人が1ノットがどれほど流れているのか具体的に考えていません。

参考までに1ノットは時速1852m であり

1分で30.9m、1秒で0.51m流れています。

1秒間で50cmとイメージすればいいでしょう。

水深があるとラインの角度の変化でイメージしますが結構な移動速度ですよね。

 

 

(50cmオーバー。ビッグマウス100g#04ゴールドホロオレンジで。)

 

それらを踏まえて、まずはタックルについて。

 

タックルはもちろんベイトタックル。

ロッドについては以前硬めの鯛ラバロッドと書きました。

しかし可能であれば鯛ラバ用よりも張りのあるティップのライトジギングのロッドも準備しておくと便利です。

先にもかきまいしたが海底の地形変化が激しい(根のキツイ)ポイントを攻める場合潮流が速いと、水面近くと海底近くでは流速が異なり二枚潮ぎみになります。

こういったポイントでは着底からの立ち上がり(巻取り)の素早さが大切です。

ロッド自体が曲がりこんでしまうと立ち上がりが遅れてしまいます。

根掛り多発の原因となります。

しっかりと着底を感じ素早い立ち上がりを行うことを心がけましょう。

大きな起伏のある複雑な地形ほど大きなアコウが残っている可能船が高いです。

こういう時には硬めのロッドが役に立ちます。

 

ティップが柔らかいロッドしか無い場合は、ラインとロッドの角度をなるべく一直線になる方向に向けてロッドの弾力を使わないようにしてライン巻取りのタイムラグを無くすことを心がけましょう。

 

リールはハイギアタイプがこれらの操作を行いやすいと思います。

素早い立ち上がりや手返しの良さもありますが、ローギアタイプで巻取りを早めるとどうしてもロッドが動きやすくなることと巻き抵抗変化(潮の変化など)を感じ取りにくくなるためです。

 

水中で複雑な潮流でスラックが出ているラインを修正する場合には、20m程度早引きしてから底をを取り直しラインスラックをなるべく小さくすることも効果が有ります。

また、そうすることで今まで釣っていた場所から離れた位置に着底させ釣り場を変化させることにもなります。

ただし潮流があまり速いとラインスラックがさらにでてしまうので難しいところですが。

 

ラインスラックを減らすためにはフォール時のサミングが大切です。

それ以外にもきちんとサミングすることでリトリーブについてきたきたアコウがフォールでバイトしてくる、あるいは着底前にカウンターでバイトしてきたアタリを感知できます。

 

根魚の視線は基本的に上を向いています。

アコウはカサゴなどの比べて遊泳力に優れており、潮が緩んでいる状況では餌を積極的に追いかける魚です。

起伏の激しい根の上に定位しているアコウに対して底ばかり探っていては視界に入りにくくなります。

フォールをしっかり見せてアピールするこは大切です。

起伏の状態と潮流を意識してリトリーブしてください。

 

そしてバイトからフッキング。

ファイトはポンピングはせずゆっくりと一定の速度でまきあげるだけ。

途中でのグングン!と頭を振って反転しようとするヒキを味わってください。

 

あきらかに小さいサイズとわかる場合はさらにゆっくりと巻き上げ水圧の変化で目玉に空気が入るのを避けるとリリースしやすくなります。

 

海域によってリリースサイズが設定されているかと思います。

リリースサイズが釣れたり必要以上に数が釣れた場合は、さらに大きくなっての出会いを期待してリリースしましょう。

 

今後も長くアコラバを楽しめるように

 

(これは50cmちょうど。こんなサイズと出会えるように。)

 

さて、私見をつらつらと書きましたが、これからはアコラバのハイシーズン。

ビッグマウスでアコラバを楽しんでください!

 

それではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も新製品についてご紹介。

6月発売予定の新製品 スピナーブレードフック 。

 

近年、ショア・オフショアからのキャスティングゲームなどで人気のジグのテールにブレードを取り付けたフック。

以前ブログでもそのメリットとデメリットについて自分の考えを書きました。

 

そのうえで、自分ならこう考える!というものをあれこれと試作し実釣を重ねました。

そして誕生したのがスピナーブレードフック

 

 

ショアからのサワラ・ヒラメ・青物・シーバスやオフショアゲームに広範囲に対応します。

 

最も重要視したのはリトリーブ時とフォール時にフックポイントの向きが安定していること。

よく自作されているブレードとシングルフックを同じスイベルにとりつける方式では、ブレードが回転しようとするとフックも同じように回転します。

つまりフックポイントの向きがフッキングの力がかかる方向に向いているとは限りません。

自分の考えではこれが最大のデメリット

 

フック形状についてフックメーカーさんと話をすると、「こんな状況で使用するからこの形状」とか「その速度だと鈎が暴れる」など、想定される状況や使用速度によってフック形状が変えられてているのがよくわかります。

フックポイントが円を描くように回転する、という状況を想定したフックとは?

実際釣りをしていても、アタった~バレたの声を多く聞きます。

原因はフックポイントの向きが安定していないことで浅掛りが多発する、と考えました。

 

・ブレードが回転してもフックが回転しない

・ブレードへのバイトをフッキングできる

・口が柔らかい魚種でもバレにくい

これらの条件をクリアする為にたどり着いたのがスピナー形状+トリプルフックです。

 

同一シャフト上にブレードはフックと干渉しない位置にクレビスを介して取り付けています。

この為、ブレードが回転してもフックは固定されます。

ブレードバイトにはトリプルフックが口に入らなくても高確率で外掛りします。

小さいと感じるトリプルフックでも過度のパワーファイトを行わなければまず大丈夫。

サワラやシーバスなど口周りの柔らかい魚種でもトリプルフックは身切れをおこしにくいメリットがあります。

 

(シングルフックでザックリと裂けています。こうなるとバレやすい。)

 

 

(トリプルフックが丸ごと口の中。バレることも裂けることもありません。)

 

 

(小型ジグのすっぽりと丸呑みもきちんとフッキング。)

 

 

(外掛りしてもホールド性が高いのがメリット。)

 

使用方法は使用するメタルジグやジグミノーのテールに取り付けるだけ

トラブル回避のためブレードのシャフトとトリプルフックの接続スプリットリング部分は熱収縮チューブで固定しています。

フロントアシストフックを使用する場合はフックどうしがからまないようご注意ください。

また、標準装備の装着用スプリットリング#3は取り付けるメタルジグのアイの線径が太いなど変形が考えられる場合は#4への変更をお薦めします。

 

 

 

スピナーブレードフック

  サイズM  コロラドブレード#2  がまかつSP-MH #4

  サイズL   コロラドブレード#3  サムライフック #2       

    ブレードカラー シルバー・ゴールド

    2サイズ2カラーの合計4種類             

      1Box 2個入り  

  希望小売価格 ¥720 (税別) 予定

 (訂正:掲載時にサイズLのブレードサイズ#4となっておりましたが正しくは#3です。)

 

6月発売予定ですが、最近の入荷状況では多少変化する場合があります。

 

使い方はアングラーの発想次第。

ショア・オフショアの様々なターゲットにお試しください。

 

お楽しみに!

 

    

 

 

 

 

 

 

このたび4月から発売となった新製品、サイトマーカーⅡについてご紹介。

 

 

 

従来販売していたサイトマーカーの鮮やかなカラー・剝がれにくさといった品質・性能はそのままに、不要な台紙部分を無くすことで更に使いやすくなりました。

 

名前の通りサイト中心の釣りでルアーがアングラーから見えにくいのは致命的。

しかしルアーのカラーは極力ナチュラルなものを使いたい…

この様な状況で効果を発揮するのがサイトマーカーⅡ!

 

トップウォーターやシャローの釣りでターゲットからは見えにくくアングラーからは見えやすい位置に貼り付けるだけ。

視認性が大幅に向上します。

 

バス・トラウト・ソルトと魚種・フィールドを問わず使用できます。

 

(写真はハデハデに貼り付けています。最近はビッグベイトでの使用も多いですね。)

 

 

カラーはピンク・オレンジ・イエローの3種類。

 

内容は

直径8mm 丸型8枚

15mm×5.5mm 15枚

20mm×5.5mm 15枚

 

価格はお手頃価格、¥350(税別)!!

 

お役にたちますよ~!

 

それでは、また!

 

 

 

3月12日土曜日、今シーズン初めてのアコラバに釣行したので、その釣行記です。

 

 

(当日自分の最大アコウ。)

 

2022年シーズン、遊漁船でのアコラバ出船が始まりました。

 

金曜日に遊漁船オーフリーさんの予約状況を確認していると翌日の乗合募集に一名空きアリ。

急遽予約連絡、今シーズンの動向を確認しに行きます。

 

福永船長曰く「まだ水温が低いのでアタリが小さい」とのこと。

それを踏まえ準備をしていると友人からLINEで、

「本日ビッグマウスのゴールドホログリーンのスローリトリーブで竿頭」

の連絡。

どうも予約の電話入れている時に乗っていたらしい。ありがたい情報。

 

さて、13日AM6時出船。

ポイントに到着。水深は70mチョットから。

ロッドは少し固めの鯛ラバロッドにPE1号、リーダー4号のタックル。

まず1投目はビッグマウス80gゴールドホログリーンからスタート。

情報に基づきスローリトリーブを心がける。がアタらない...

 

何回目かの流しで潮上のミヨシの2人とトモのアングラーさんにアコウヒット。

同舷の方はビッグマウスのゴールドホロオレンジとビッグマウスVspecのゼブラオレンジ

次の流しで自分にもヒット!

しかし25cm程の可愛いサイズ。リリース。

 

その後アタリはあるも乗らない。着底感も引き感覚がよくない。で根掛りでロスト。

鯛ラバロッドを使用していたが立ち上がりと掛ける事を重視してタックルチェンジ。

スロージャーカー1ozに変更し、ビッグマウス80gダイナマイトオレンジに変更。

使用感はさっきまでよりずっと良い。

すぐにヒット。どうもカラーは?である。

 

 

 

その後もポロポロとヒットするがどうもサイズが伸び悩む...

キープも増えるがリリースも増える。

リトリーブスピードを調整してサイズアップが狙えるか試す。

 

気持ち良いアタリにアワセが決まった!

おっ、手応えからして良いサイズか?

あ、ダメだ。ずっと叩いてる、魚種が違うわ...

やはり見えてきたのは真鯛。これはこれで嬉しい。

 

(この時期、鯛ラバで狙う時にはネクタイのサイズや形状に物凄く悩みますが...)

 

 

ルアーをビッグマウスVspec100gレッドゼブラに変更。

するとキャッチ率が向上。

アコウのアタリが高活性期のように咥えて反転するようなアタリではなく軽くついばむようなアタリなので早掛けタイプのフックが良い働きをしてくれたました。

 

そして最後の潮止まり時に今日イチのサイズをゲット!

 

(サイズアップを続けてなんとか40サイズまで到達)

 

終わってみれば15キャッチうち6リリースという釣果。

 

同船のアングラーさんでは50サイズも上がっていました。

皆さんビッグマウスの使用率が高く感謝感謝でありました!

 

シーズン序盤の低水温期の釣果としては上出来の釣果。

皆さん、期待できますよ!

ビッグマウスでアコラバを楽しんでください!

 

 

 

ちなみにLINEをくれた友人は翌日釣行し、いやゴールドホログリーンが釣れるんだ!という意地の釣果をだしてLINEしてきましたw

 

 

 

 

最後にリリースについて少しふれておきます。

 

小さい魚が釣れてしまった場合、あるいはもう十分釣ったので逃がそうという時に、アコウは水圧の変化への順応がうまくないので浮袋が膨らんでいます。

そのままリリースすると海中に潜れず水面でぱちゃぱちゃやりながら流れていきます。

 

なので、エア抜きを行うことが必要です。

 

胸鰭の後ろ少し血の滲んでいる部分に針を真っすぐ刺してエア抜き。

バケツなどで十分泳げる状態か確認してから海へ。

目玉が飛び出ていなければ高確率で帰っていきます。

 

エア抜きニードルは自作もできますし、

 

ACTIVEさんの製品がバス用品として販売されています。

リリースに興味をお持ちの方は思ったより簡単にできますので試してみてはどうでしょうか。

 

それではまた!

今回は製品紹介です。

新製品ではなく説明していなかった闘魂ジグV2について。

発売から7~8年経過した隠れたロングセラーモデル。

 

名称のV2の意味ですが、以前、闘魂ジグバーチカルという製品がありました。

こちらの製造終了がし、オフショアジギングで手軽に使えるジグを再度開発したモデルです。

(オールシルバーケイムラカラーにグローシールチューンが自分の好み)

 

スピニングタックルでもベイトタックルでも使いやすい、青物をメインターゲットとしたジグ。

開発時、細身のセンターバランスが流行りでしたが、あえてコンパクトな全長でセンターより若干後方重心としています。

当初100・120・150・180・210gの5サイズ。

100gを基準にウェイトアップ時に全長の伸びを抑え、厚みを少しずつ増しています。

目標としたのは

投入から着底までの時間を短くし、素早い立ち上がりを行いやすいこと。

ロングスライドではなくキビキビとした姿勢変化を生み出しやすいこと。

コンパクトなジグサイズで多くのベイトに合わせやすいこと。

矛盾しますが斜め引きになった時に潮に乗ってくれること。

 

(横から見て厚みがあっても丸々とはしていないジグ形状)

 

青物用に開発しましたが、フォールを多用するベイトタックルでのスローな釣りでも予想以上の釣果が得られています。

これはジグが横を向いた後、ヒラヒラとしたフォールの間が作れるから。

意図して喰わせるフォールを作れます。

 

(フォールで狙っていたのにフロントの針先を曲げたダミーフックを咥えていたメバチマグロ。

よく上がってきたな。)

 

今まで自分で釣り上げた魚種をさっとあげてもブリ・ヒラマサ・カンパチ・サワラ・真鯛・キハダ・メバチetcなどの回遊魚からマハタ・ヒラメ・アマダイ・ソイ・メバル・アイナメetcなどの根魚まで、多彩な魚種に出会わせてくれています。

 

 

一見して特徴が分かりにくいかもしれませんが、多様な使い方ができるジグです。

 

一度お試しあれ!

 

今年はV2とバックドロップでサクラマスジギング行きたかった...