アラフォーの転職活動・その6 内定辞退 | ヘタレOLアラフォーワーママの節約子育て&日々のブログ

ヘタレOLアラフォーワーママの節約子育て&日々のブログ

結婚と同時にゼロから貯金スタート!したはずが
1年半で中古マンション購入のため再びほぼゼロに!

現在はアラフォーワーママの育児と家計の事情を綴っております。
節約結婚式の準備から妊活⇒プレママ⇒ママへの奮闘記録です。

アラフォーワーママ、在職中の転職活動について記録、その6です。

 

ワーママ転職活動、面接した会社から内定をもらい雇用契約について内容を確認した後のお話です。

 

実際にあった出来事ですが、内定をもらった会社に条件を確認した際、面接時とは条件が違ったことがありました。

 

私の場合と具体的には違いますが、例えると

 

・残業代は全額支給と求人サイト記載があったのに月給に30時間分のみなし残業が含まれていた。

 

・社会保険の加入は試用期間終了後と言われた。

 

・月給の提示が面接時の話と数万円違っていた。

 

・入社後1年間は契約社員と言われた。

 

こんな感じです。

 

疑問に思ったことは担当者に確認しますが、会社側の条件が交渉しても変わらないことも多々あります。

その時に、それでもこの会社で働きたいと思うかが大事です。

せっかく内定をもらったから・・・という意識にとらわれず冷静に判断したほうが良いです。

 

私も、今回2社ほど内定をいただいたけれど辞退した会社がありました。面接時に話を聞いた時点で条件が折り合わなかったり、面接時と内定時で話が大きく違った会社でした。

 

内定の連絡をいただいて、条件面での確認をしてよく考えた後、辞退の電話をしました。内定の連絡から3日以内のことです。

会社にも次の方に連絡などがあるので早めに決断して連絡するのがマナーだと思います。

 

2社とも電話で内定の連絡があったので、辞退も担当者の方に電話でお伝えしました。いいか悪いかは分かりませんが、理由は隠さず具体的に伝えてあります。採用する立場だった時のことを考えると本当のことを知りたいと思うからです。

 

私は2社の辞退から、しばらくまた転職活動の日々でした。

 

でもおかげで、どういう会社なら条件を下げても働きたいと思うのかというビジョンが更に明確になり、応募する際も「採用の可能性がある会社」ではなく「本当にここで働きたいと思う会社」のみに絞って応募するようになりました。

 

以前、エージェントには25~30社は少なくとも応募しないと、と応募数を増やすことを推奨されましたが、どこでも就職できれば良いわけではない場合、その考え方は合わなかったかなと思います。

 

 

↓クリックいただけると幸せ。

人気ブログランキングへ