はい、どうも唐変木です。

最近は魂をどっかに置いてきてしまっているので、気の抜けた釣果報告だけしてました。

面白くないですよね~

自分でもそう思います。

という訳で、少し真面目に書いてみますよ。

で、お題はクロソイプラッギングの概要ということですが、取り敢えずプラッギングでクロソイを釣る為に必要なことを書いてみます。

まずはタックルから。

シーバスタックルで良いでしょう。私はロングスピンロッドを使っておりますが、少し弾きますから乗りは悪いようですね。ファイトに関しても恐らくジワジワ曲がりながらいなしたほうが、魚が暴れず浮き安いようです。

何せ、沖やテトラ帯とはいえ、プラグの深度はせいぜい180㎝。

掛けてテトラに突進されなけば、浮いた状態からのファイトスタートなんで、硬い竿だと身切れを起こしてしまうようです。

次にリール。

私は普段のクロソイ用の2500Sを流用していますが、軽い上位機種のC3000か4000番が最適ではないでしょうか。別段ハイギヤである必要はありません。リトリーブがスローなんで、初め慣れるまではノーマルギヤ比のほうが感覚を掴みやすいです。

慣れてくるとハイギヤでゆーくり巻いたほうがノイズが少なくていいですね。

次にライン。

これもシーバス用で。私はフォローでワーム入れることもあるので、0.8PEに16ポンドフロロリーダーです。安定してシーバスプラグを投げるならラインは1号のほうが安心ではあります。

で、ルアー。

プラグですが、シーバス用、サーフ用、サクラマス用ディープ、鉄板系を除いたバイブレーション、シャッドプラグ、ディープクランク等です。

シーバスプラグもレンジをサブサーフェス~ダイバーの2メートルまでを揃えます。これは、クロソイの射程距離が5メートルの水深の場所として、底から3メートルなのか、クロソイ自体が2メートル浮いていて表層付近まで射程なのかとか、レンジコントロールによって釣れるパターンを増やす意味合いがあります。

なので浅いタイプから潜るタイプまで。

シャッドやディープクランクもこれに準じます。レンジコントロールとプラグのサイズやボリュームを変えるためです。場合によってはシャロークランクみたいな物も良いでしょう。バイブは底付近を通すために使います。ワームのスイミングを見慣れたソイもガンガン食ってきます。根掛かり回避テクニックを磨かないとロストが増えますので、安いバイブで始めるといいと思います。



道具についてはこのくらいにして。

次にどうやってプラグで釣るのか。

これはまず、プラグに反応するクロソイを見つけることから始めます。サーチにはプラグは使いません。初めっからプラグ投げ倒すとアタリが出るまでに心が折れます。

なので、とにかくワームで普通に釣りしてみて魚が居ることが確認できたら、そのポイントより更に遠くに、重いリグでシャッド系ワームをぶちこんでみます。

ブルブルと強烈な波動と速いフォールで食うようなら、プラグに反応する可能性が高いです。更には大概そういう個体は群れでおり、サイズの良いヤツを固め撃ちできます。

そこで使うプラグ。

まずはワームのヒットレンジが底付近ならアピールの強い110~130ミリのミッドダイバーかディープダイバーを通してみます。

魚がテールフックに掛かるようならレンジが同じ。そのままで釣れ続けるようなら通しますが、単発の場合は敢えてレンジを上げてみます。サブサーフェス系投入です。そうすると、クロソイもメバルのように上を通過するものには凄く反応が良いのでかえって連発することがあるのです。







さて、それでも単発で続かない場合はいよいよバイブの投入。

底付近をコトコトゆっくり泳ぐ程度に巻いて、レンジが上ずらないようにします。大概、このどれかのパターンでなんとかなることが多いです。









その他のシャッドやクランクはこれが通用しない場合、レンジを落としつつシルエットが小さい等のメリットによって口を使わそうというもの。サクラマスダイバーもそうです。

とにかく、クロソイプラッギングにおいて、大型を狙うならプラグは大きいほうがよい。

それと、バイブレーションには何故か小さいのが掛かり難いというメリットがあります。

大型狙いならこれ。

普段の漁港でアベレージと戯れたいなら75ミリ程度のプラグだと楽しめると思います。ロッドも8フィートバーサタイルロックロッドで充分です。

さて、概要ということで、肝についてはあまり言及しませんでしたが、クロソイのプラッギング、ワームのアタリとは違うガツン、ズシンという感触が味わえるので是非チャレンジしてみては。

それではノシ