みなさんこんにちは、デラックスウエアササキです。

 

 

そろそろ佳境に入って参りました、ダリーズ&コー店舗別注キャラコ!

 

 

本日は先上げリポート致します!!^^

 

先上げ(さきあげ)とは、全数の生産に入る前に最終仕様を確認する為に1枚だけ縫い上げること。

縫いはもちろん、工程、ボタン等のパーツから縫製糸、柄合わせまで細部をチェックし、OKが出て初めて全数の生産に入ることができるため、なかなか重要な工程です。

 

 

 

 

まずは裁断。

 

 

 

度々ご紹介していますが、デラックスエアでは手裁断。

 

柄合わせも職人技です。

 

特に数枚重ねて裁断する時は柄がずれないように慎重に行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから裁断パーツを引っ提げ、いざ縫製前の確認打合せへ。

 

 

 

 

 

 

 

パタンナーと裁断、パーツ、寸法、柄合わせ等一つ一つ確認していきます。

 

 

この別注生地は縫製上はデラックスウエアにしてはクセのない生地のようですが、なにせキャラコ初のチェック柄。

故に柄合わせが生じるため、いつもと勝手が違います。

 

 

その為まずは打合せを入念に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生産管理とも各工程や注意点、スケジュール等の確認をします。

 

みんな真剣です。^^;

 

 

 

 

そして...

 

オルダクトにて縫製開始!!

(↓巻き縫い工程です)

 

 

 

オダシマ乱入!!(笑)

 

 

 

 

ちょっとめずらしい2ショット(笑)

 

オダシマ「やっぱり巻きって難しいですか?」

 

K「まあね、やっぱり練習は必要。最初は特に大変だった、パンクしたり。やりなおしたり。生地によってはかなり泣かされたことも。この生地は厚さもちょうどいいしそんなに縫いにくくはないけど、柄合わせがあるから気をつかう。デラックスウエアのヘビーネルのざっくりした生地とかは今でも泣かされる(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑と、談笑しながらもちゃくちゃくと終了。縫い終わって縫い目をチェックしてます。

 

 

ここからもまだまだカフス付け、台襟付け、ボタン付けと各工程を回ります。

 

 

 

 

何かを1つ作るのにどれだけの工程を経てやっと出来ているのか。

 

デラックスウエア社内の工程だけでもこれだけの人の知恵と技術とハートで出来ているのかが分かります。

 

これが生地からとなるとさらに一体何人が関わっているものやら...

 

ウーム。

 

何かを作るっていうのはスバラシイです。T T

 

 

タイヘンですけどね(笑)

 

 

 

 

ではでは、こんな感じでダリーズ&コー別注キャラコは最終段階に入りました。

 

仕上げた”先上げ”をまたパタンナーと社長に確認してもらい、OKが出たら全数の縫製に入ります!

 

 

 

 

 

ここで少し生地の話を。

 

フランス北部の伝統ある街、ノルマンディー。イギリス海峡に面したその地理ゆえに激しい争いの場となった歴史を持つ。また、有名な美しく豊かな自然も、時として恐ろしい征服者となっただろう。

 

その激しい争いの歴史と山と海に囲まれた地理を古来の柄チェック柄にて表現。

また多色にて用意した右撚りと左撚りの糸で織ることで、柄に深みを与え、柔軟ながらもワークとして十分通用する丈夫な特別品質の生地である。

 

最初の端正な顔立ちから、着込む程に徐々にワークの雰囲気を増し、その褪色と相まってオールド感溢れる顔を見せる。

 

 

 

 

 

と、いうことで次のブログではとうとう全貌が明らかに!?

なるかも??

 

と、匂わせたところで(笑)、

次回に乞うご期待!!!

 

 

 

 

 

 

チョーカッコイイキャラコ出来てますっ!!!

 

 

過去の記事はこちら

Road To The 別注キャラコ①

Road To The 別注キャラコ オダシマ編

Road To The 別注キャラコ②

Road To The 別注キャラコ③