空翔船歌 | Daizoの詞

空翔船歌

words&music : Daizo

乾いた風に帆を立てて 時代の波を突き上げろ
Big dream again and forever. 空を翔けて行く

地位も名誉も それなりの成功も
手にしたいと頑張って来たけど
掴む程に 掴めない雲の様に
ぼやけてしまう本音とジレンマ

届きそうで 届かなくて
破り捨てた宝の地図が
怠慢か?満足な人生か?って
問い掛けて来るんだよ

※Take care of my feelings.
Because life is only once.
海原をグライドスロープに Goes my way.

乾いた風に帆を立てて 時代の波を突き上げろ
水平線は限界線だ ぶち抜け Just Like a shooting star.

何回も後悔を繰り返すより 難解な航海に繰り出したい
七色のアーチをくぐり抜けて 空を翔ぶ船の様に


世界の実態に息衝くより 未来に期待して生きてたい
境界線を一直線に ぶち抜け Just Like a shooting star.

閑静な夜が明けた時 歓声は多いに鳴り響く時
アウェイな風 抗う鳥の様に この空を越えて行く