鉄道ジャーナル4月号を読んだ 北海道鉄道の未来図 | 元高校教員のブログ

元高校教員のブログ

定年退職ししばらく旅人生活をしていました。ある会社から声がかかって半年あまり勤めました。
知り合いなので迷惑をかけると思い、退職してまた旅人生活を始めブログを書き始めました。
4月からⅠ年間仕事します。
今までみたいに遊べません。
旅行資金貯めます。

  札沼線新十津川駅のキハ40-402

本屋で「鉄道ジャーナル」の刺激的なタイトルが目についた。

「北海道の未来図」

鉄道ジャーナルは中学時代も読んだことがあるが、最近買ったのは寝台特急の特集のときに買ったことがあった。

中学時代には蒸気機関車も走っていた頃買った覚えがあった。

当時の編集長は竹島紀元という名前をなぜか覚えている。

 

今回は北海道の鉄道についてである。

今年度は5回もすべて鉄道で行った。

JR北海道の記事はどうしても気になる。

8月を除いて、大人の休日倶楽部パス期間に旅行するので、基本的に客が少ない時期に行く。

今回の特集は「北海道の未来図」であった。
特集は43頁にも及んで、本全体の1/3を占めていた。
詳細には書かないが、
石北本線、釧網本線
SL冬の湿原号
れーるは存続できるか
函館本線
キハ40
札沼線 新十津川
などという内容である。読み応えがあった。
昨年夏、北海道の鉄道はすべて乗り終えた。

 

宗谷本線、石北本線では鉄道存続の厳しさを実感する。
冬の豪雪時、除雪や保線対策は大変なものだといつも思う。
乗客は少ない。昭和時代に存在した路線は軒並み消えて了った。
新幹線が札幌に行くという。
今の新幹線で北海道は本当によいのか。
カシオペアのような旅を楽しむ列車はないのか。
 

今後のJR北海道は大変だと思う。
できるだけ列車に乗ることでしか貢献できない。
北海道のさまざまな魅力をいろいろ伝えたい。

今回の鉄道ジャーナルの問いかけは単に鉄道だけの問題とは思えなかった。