平成30年度熊谷市優秀工事表彰式及び安全大会 | 大和建設株式会社

大和建設株式会社

大和建設株式会社の社員ブログです。
工事現場の情報から日々のつれづれまで、いろいろです。


テーマ:

こんにちは 営業部福田です。

11月8日(木)に熊谷文化創造館 さくらめいと(月のホール)にて

平成30年度熊谷市優秀工事表彰式及び安全大会が開催されました。

熊谷市建設業協会の役員会員の皆様には、例年よりも多数のご出席

いただきまして、どうもありがとうございました。

また、表彰されました7社8名の現場代理人の方々、まことに

おめでとうございます!

また、富岡清市長をはじめ、盛大な表彰式を開催していただきました

熊谷市職員の方々、その他ご協力賜りました方々、ご出席いただきま

した全ての方々に感謝申し上げます。

 

祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝祝

 

小川会長の挨拶を紹介させていただきます。

(臨場感及び会長の想いをお届け致したく、全文掲載いたします!)

 

今年も皆様と共に、平成30年度熊谷市優秀工事表彰式及び

安全大会が、富岡市長様をはじめ、幹部職員、職員の皆様と

共に盛大に開催されます事に、心から御礼申し上げます。

ありがとうございます。

 本日、素晴らしい成績で、平成30年度熊谷市優秀工事表彰を

受賞されました、会社代表7名、現場代理人8名の皆様おめでとう

ございます。心からお祝いを申し上げます。この表彰は、受賞者

のみならず、私達建設工事請負者にとって大変名誉なことです。

 他工事の見本となる成績で受賞されました各位に対し、皆様と

共に喜びたいと思います。この素晴らしい成績を誇りに、同僚、

後輩、業界の仲間に技術力を教えて頂き、今後の工事現場に生か

して頂けたら幸いです。これからも健康に留意され、ますます技術

能力を磨き、ご活躍されます事をお祈りして、お祝いの言葉とさ

せていただきます。

 また、熊谷市職員の皆様には、日頃、熊谷市発注建設工事に

対しご指導いただいております。この席を借りて御礼を申し上げます。

 そして、8月25日 暑い中、熊谷市総合防災訓練に参加協力頂きま

した役員皆様に御礼と感謝を申し上げます。ご苦労様でした。

それから、8月29日には、熊谷市と協会の意見交換会を開催して

いただきました。課題解決に向け、改善され、より信頼が築ければと

考えます。宜しくお願いいたします。

 さて、各地で甚大な自然災害等が発生しております。熊谷地域も

例外ではなく、いつ地震、台風、雪害等、自然災害が発生しても不思

議ではありません。災害発生時には、熊谷市と共にいち早く災害現場

に駆けつけて緊急対応して、市民の安全安心を守ることができるのが

私達地元企業の大きな役割です。

 私達建設業は、公共インフラ整備は基より、地域の雇用を守ると

いう役割も担っております。働き方改革の一環で、長時間労働の是正、

週休2日制の実施、社会保険加入に対する周知徹底等、様々な課題が

重くのしかかっております。その中でも最も重要なことは、事業継承と

技術者及び技能工の将来に向けた育成と、担い手確保です。

対策としては、まず、過度な価格競争を控え適正な利潤の確保が

肝要です。公共工事の入札及び契約の適正化の促進と改正品確法

の適正な運用が、発注者・受注者共に強く求められております。

 地元建設業者が将来にわたり社会的責務を果たしていくためには

何よりも安定した経営のもと、施工力、現場力を維持していくことが

必要です。その為に、すでに承知と思いますが、私達工事請負者も

建設技術者のキャリアアップシステム導入を視野に入れ、技術の

継承を優先して建設に携わるすべての人が安心して働ける環境を

作ることが最も重要な部分です。発注者と請負者共に協力して改善

していかなければ人手不足は改善できません。建設業は他産業に

比べ、新卒者の離職率が非常に高い状態です。特に3年までに辞

めてしまう人の離職率が50%に近い状態です。ちなみに製造業が

28.9%です。建設業に携わった人が一生涯働きたいと思える職

場環境を作ることが必要です。年間賃金総支給額も、建設業が低く

406万円です。製造業468万円です。約年間62万円の差があり

ます。月5万1千円製造業の方が高い状況です。せめて製造業に

並ぶか、超えないと建設業の人手不足は解消できません。

 それから、若年技能労働者が定着しない理由として

(1)作業がきつい・・・42.7%

(2)若年技能労働者の職業意識が低い・・・40.8%

(3)現場の人間関係が難しい・・・24.9%

(4)労働者に対して賃金が低い・・・24.2%

 

発注者・受注者共に職場環境改善に向けて力を合わせ変えていか

ないとなりません。その為には、建設業者の皆さんが地域を支えて

いるということをもっと広く市民の皆様に知っていただき、がんばっ

っている人たちがしっかり評価される様な取り組みが必要です。

人口が減っても災害対応や社会資本整備、維持管理はなくなら

ない、それを支えるのが今日参加の建設に携わるすべての皆さん

です。

 後半の安全大会も安全教育の充実や各企業の安全衛生管理

の一層の向上を図るために実施されます。本日は熊谷警察署の

交通課長、長谷川様・熊谷労働基準監督署 安全衛生課長 松本

様の講演を予定しております。最後までの参加宜しくお願い致し

ます。

これから繁忙期に入りますと、現場事故が増える傾向にあります。

現場事故ゼロは勿論、交通事故にも充分気をつけて、安全な作業

で各現場が完成されることをお祈りいたしまして、挨拶にかえさせて

頂きたいと思います。ありがとうございました。

 

大和建設さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス