「この子だって、別に…

 ジュンペイを、わざと置き去りにしたわけじゃあないんだろうから…」

憐れむような口調で、ジュンペイの母さんが、裕太をかばってくれる。

(ジュンペイ…お母さん、優しい人じゃあないかぁ)

ジュンペイが愚痴を言っていたのを、裕太はふいに思い出した。

 だが母さんは「いいえ!」とかなり強く否定する。

「この子は、甘やかしたらいけないんです。

 すぐに、サボってしまうから!」

強い口調で言うのを聞いて、いささか裕太はムッとする。

(母さん、なんだよぉ~

 そんなこと、人の前でも言わなくても…

 ボクに、恨みでもあるのかぁ~?)

何だか裕太は、情けなくなってくる。

このまま、平行線をたどり続けるのか?

何とかしたい…と思うのに、何をしたらいいのか、わからない…

「まぁまぁまぁ…」

2人の言い合いを聞いていたのか、おまわりさんは、巡回でもないのに

口をはさんできた。

 

「とにかく…何か、心当たりがないんですか?」

先程とは違って、裕太を見つめる。

気のせいなのか…先ほどとは違って、優しい表情に見える。

 

 

 

daisysackyのmy Pick

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ