「ずいぶん立派な木だね」

 裕太が垂れ下がる枝に、軽く触れると、オジサンは裕太を振り向き

「そうだろう?」

嬉しそうにうなづいた。

「この木は…とても神聖な木なんだ…

 何十年も、何百年も、この島を見守っているんだ」

そう言うと、そっと幹を撫でる。

ゴツゴツとして、裕太の手では抱きしめられないほどの、太くて大きな胴体だ。

根は何本も複雑に張り巡らされ、このガケにしがみつき、からみつくようにして、伸びている。

一体、どのくらいの歳月、倒れることなくそこにたたずみ続けてきたのか…

オジサンが言うのも、素直に受け止めた。

じぃっとその幹に触れていると、木の表面から、まるで脈打つように、

ほのかなぬくもりが伝わってくるようだ…

「この木って…生きているんだね」

裕太は思わず、かすかな声でつぶやいた。

するとオジサンが、裕太を見て微笑む。

 

「そりゃあ、生きているだろ?

 だって、枯れていないんだから」

 何を言ってるんだ、と呆れた顔で、いきなりジュンペイが裕太を見る。

そうじゃないんだ、と裕太は言おうとしたけれど、チラリとオジサンの方を見ると

「そうかぁ~そうだよね」

あっさりと引き下がる。

自分でも、何を言ってるんだ、と思ったからだ。

「で、ここから、どう行くの?」

それでもまだ、何かを急ぐように、早口でジュンペイがオジサンに聞く。

こう見えても、ジュンペイも結構楽しんでいるのだ。

 ただ…自分と感じ方が、少し違うだけなのだ。

裕太はそう思うと、ヘラリと笑う。

「そうだな」

オジサンも穏やかなまなざしで、ジュンペイの方を見ると

「ここをまっすぐに抜けた後、じきにわかるよ」

意味あり気に言う。

「なんだよぉ。わかるってどういう風に?」

なぜだか、ずいぶんもったいぶっているよな、とジュンペイはまた、ぷぅっと

頬を膨らませた。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ