その目の前にそびえる大きな木の幹に、ジュンペイが抱きつくと

「すごい、大きいなぁ~ブランコでも作れそう!」

頬を赤く紅潮させて、興奮気味に言う。

そこにロープでもあれば、すぐにでも結び付けたら遊べそうだ。

あまりにもずっと抱きついているので

「おいおい!あんまり触るなよ」

さすがにオジサンが声をかける。

急にさえぎられたので、ジュンペイは不満そうに口をとがらせると

「え~っ、なんでぇ?」

甲高い声で叫んだ。

今にも木登りをしたそうに、モゾモゾしていたけれど、裕太とオジサンの顔を見て、

ジュンペイはしぶしぶ、ぶら下がって遊ぶのをあきらめた。

 

「だって、落っこちたら危ないだろ?

 この辺りはまだ…岩がゴロゴロとしているんだから!」

暗に、この木の枝が折れたら、どうするつもりなんだ、と責めているような

感じになった。

 ピョンと木から離れると、ジュンペイはまだ、名残惜しそうに、ポンポンと

木の幹をたたく。

「そんなに簡単には、折れたりしないと思うよぉ」

つまらなさそうに、ジュンペイがポツリと言う。

「いや、それもあるけど…

 枝にぶら下がって、万が一落っこちたら、危ないから」

少し険しい顔をして、オジサンがキッパリとした口調で言う。

そうかぁ~とジュンペイはまだ、不満そうにつぶやくと

「ねぇ、ここを真っすぐ行けばいいの?」

戸惑った顔をして、聞いた。

 

(この木、倒れたりしないかなぁ~)

 裕太はこわごわと、その大きな木を見上げる。

(よく、こんな所に生えているなぁ~抜けたりしないのかなぁ)

さすがに、ジュンペイのように、無邪気にぶら下がる勇気はない。

その代わり、その大きな木の幹に、そぅっと手を触れた。

 

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ