長かった…と王はそう思う。

何度王子のために、花嫁探しに奔走したことだろう。

本人が本気なのか、というのも疑問だったし、

もはやあの子は、結婚する気などないのではないか…と思っていたのだ。

 以前彼が、年上の女性を連れてきたことが、過去にはあったが…

あまりにも崩れたような、男好きするようなタイプの女性だったので、

王もお妃も危惧して、大臣に命じて、それなりの金を持たせて、

城からお引き取り願ったこともあるのだ。

あれから女性の気配もなくなり…

あの時に追い出さなければよかったか…とも思ったけれども。

「いや、やっぱり…あの娘はダメだったと思うわ」

王の気持ちを読むように、急に顔をしかめてお妃が言った。

 その後、今度こそは、と思う娘もいたことはあったのに…

今度は王子の方が、中々首を縦には振らない。

シビレを切らして、

「ならば、どんな娘がいいというんだ?」と詰め寄ることもあったのだ。

 

 ええい、ままよ!と幾度も開かれた晩餐の宴…

だがついに!

昨日…魔法使いの老婆と共に、王子がある1人の娘を連れて帰ったのだ。

(正直、若すぎると思ったのだが…)

だが、見れば見るほどに…

どこに隠していた、というくらい、気立てのよさそうな娘だ。

しかも健康な世継ぎを、次々と産んでくれそうな若い女性だったので、

若さは気になったけれども、

「私だって15歳で、王様に嫁ぎましたよ」とお妃が言うので、

この人は千里眼か、とも思ったのだ。

 

 だが気になるのは、とても淡々としていて…

本当に王子のことを好きなのか、と気になったけれども。

恥じらっているのだろう…と王は好意的にとらえたのだった。


 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ