「それなら、いいんですね?」

もう1度、善行が確かめるように聞くと…

何を言うんだ、と大きく目を見開いて、

「いいに決まってるでしょ!」

時子さんは、いつもの笑顔を浮かべました。

「それなら、なんの問題もないよね」

安心したように、よっちゃんが言うと、

「ならば、行こう!」

すっかりその気になって、時子さんをうながしました。

 

 善行としては、よっちゃんに、勝手に仕切られて、少し

悔しいのですが、よっちゃんああ見えて、顔が広いので、

かなり頼りなくはあるけれど、従うことにしたのです。

「それじゃあ、さっさと行こうぜ」

よっちゃんは、善行の背中をドンとたたくと、我がことのように、

力強く言います。

善行としては、片腹痛しだけれど、よっちゃんが言った方が、

リラックスできるのでは、と思い。

よっちゃんの好きなようにさせていたのです。

それを見て、時子さんはクスクス笑います。

「あなたたちって、本当に、中がいいのね~」

楽しそうに笑うので…

「そんなこと、ないです」

善行があわてて言うのと、

「そうなんですぅ」

よっちゃんが、気後れすることなく、うなづくので、善行はまた

少しホッとして、胸を撫でおろします。

時子さんが、相変わらず、優しい顔で見ているので、

善行はさらに恐縮してしまって・‥

「アイツ、かわってるけど、いいやつなんです」

一応、善行がフォローすると、

「ごめんなさい」と、頭を下げます。

訳が分からず、キョトンとしているよっちゃんに、

「おまえも、一応、謝っとけ!」

善行が先ほどから、よっちゃんに促しました。

 

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング