裕太はそぅっと、手の平を開いてみた。

それは、5cmくらいの大きさの、竹でできた笛のように見えた。

仙人は、そんな裕太の様子を見つめて、

「それは、呼子笛だ。首にかけておきなさい。

 いざという時に、役にたつはずだ」

そう言うと、笛の端っこに、キリであけたような穴に、ひもが

つぃているのが見て取れた。

それを裕太の首に、優しくフワッとかけたのだった。

ちょっと手に触れてみる…

その笛は、手作りのものだった。

竹の節を切って、穴をあけて、削っているようにも、

見えたのだった。

試しに手に取って、吹いてみたい衝動にかられたが…

さすがに、迷惑をかけてはいけない、と

ここは素直にガマンをした。

 

「そこで、誰か、見つけたぞ」

仙人が言うと、裕太の顔をみつめる。

「きっとキミを心配して、来てくれたのだろう…」

そう言うと…裕太の背中をひとつトン…と

たたいた。

「気を付けて、周りによく注意するんだ。

きっと手がかりになるようなものが、見つかるはずだ」

仙人はそれだけ言うと、

「それじゃあ、また!」と、走り去ろうとする。

裕太はあわてて、「待って!」と言うと、

「どこへ行くの?」と聞いた。

仙人はクルリとこちらを向くと、

「春江さんを探しに行かねば」と言った。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 宝の島を探しに行こう