「ほら、これ」

ようやく手渡された地図・・・

「ありがとう」

「ねぇ、そんなので・・・何をしようって言うの?」

母さんは疑わしそうに、裕太を見た。

せめて母さんだけでも、どうにかしたい。。。

わざと、のらりくらり、交わしているのは、素なのか指令なのか?

「怪しい」

母さんの目がキラリと光る。

この人に目をつけられたら、本人が真実を告げるまで、

追及の手はゆるめないのだ。

裕太は、内心焦るが、あえて冷静な声を出すと・・・

「なにが?」と聞く。

「何か企んでいるんでしょ。颯太くんと2人で」

あんたが、こんなこと、思いつくわけがない・・・

とことん、裕太のことを知り抜いている発言だ。

寝ぼけまなこの裕太も、さぁっと背筋に、冷たいものが、

流れて・・・一瞬、顔がこわばるのを感じたが、

なんとか体制を立て直し

「なに言ってんだよ~夏休みだから、会いに来てくれるに

決まってんじゃないか」

わざと元気よく笑って見せたら。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 宝の島を探しに行こう