「誰がって、身近にキョーコさんのことを見ている人、でしょうね。

もしくは、ストーカーみたいに、見守っている人でしょうね」

ソウタが、考え考え言うと・・・

「あくまでも、一般論ですけど」

と、付け加えました。

マサミちゃんが、苦笑して、

「あなた、ずいぶん、大人っぽいこと、言うのね」

と、感心したように、言います。

ソウタは、キョーコの顔を見ていると、

キョーコはソウタの顔を見て、

「それだわ!」と言いました。

「でも、それじゃ、一体、誰がこれを?

キョーコじゃないのね?」と、マサミちゃん。

キョーコはうなづき、

「私は、別の場所に、埋めたのよ・・・」

と、困った顔で、キョーコが言うと、

「それって、まさかとは思うけど・・・」

マサミちゃんは、声をひそめます。

「やっぱり、あの先生のしわざなのかしら・・・」

すると、マサミちゃんが、ある仮説を口にしました。

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング もうひとつの宝の島

 

AD