12月28日「遊びの勉強会」詳細4 | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

12月28日「遊びの勉強会」詳細4

http://www.renai.be

 

 

 

 

 

 

 

 

この日、もっとも精神的にキツかったのが、こじらせのたまり場になっている某繁華街に向かったときである。

 

仕事納めのこの日は普段とまったく違っていた。

 

何度もナンパや買い物でこの街には来ているが、こんな状況ははじめてである。

 

早い時間から店は5.6人前後の客でどこも満席だった。

 

女二人がどこをさがしてもいないのだ。

 

女だけで5,6人で歩いたり、飲んでいるはあった。

 

それ以外は仕事納めで待ち合わせをして祝杯をあげるカップルばかりである。

 

このときばかりは値切り男を恨んだ。

 

値切り男は30日から冬休みだという。

 

それなら30日にしてもらいたかった。

 

それだけ繁華街が俺の想定外だったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

A、B君も繁華街の雰囲気に険しい顔をしていたが、最終的には紹介した結果に終わって俺は安堵感と疲れを一気に感じた。

 

それでも俺は清々しかった。

 

起業して25年目が迎えられる。

 

終電間近の電車で帰宅して床につきながら、感無量だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年目や20年目で何かしても良いと思った。

 

出版記念もやる作家は周囲にゴロゴロいる。

 

だけど、いつも思う。

 

単に通過点だから気持ちを引き締めるために何もやらないことにしよう。

 

目標はまだある。

 

小さな会社で長年やってはいるが、ベストセラー作家でもない俺が節目でそんなことをするのはみっともない。

 

他にも諸々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも年の終わりに「遊びの勉強会」という講座を形作ることができた。

 

怒濤のように進撃して辛かったことばかり思い出した。

 

自宅で横になりながら、簡単なことならやってもいいかなと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年始に授業料を割り引こう。

 

それなら、講義日程も変更した方が良い。

 

(セットで多数の講座を申し込む場合、「恋愛塾」か「恋愛駆け引き、口説き塾」からの受講ができれば望ましいからである。)

 

以下がセット受講

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の中がまとまると、あの繁華街で飲み会に誘われなかったり、本当は異性と過ごしたかった男女もそれなりにいるんだろうと思った。

 

もうすぐ年始だが、値切り男と寝た女も気になった。

 

彼氏もいないのだろう。

 

寒さが厳しいが、年が越せて食べられるのだろうか。

 

身体を売るのも年齢からそろそろ厳しい。

 

彼女ももっと若かった頃に思い描いた人生と今の現実は大幅に違っただろう。

 

旦那がいて、子供がいて、住宅ローンを組んで、週末は買い物の荷物を旦那が持って車で運んで・・・・・

 

以上を踏まえると、この仕事をやって出会いを作らせることは悪くはないと思った。

 

間違いなく割に合わないのだが、頭が悪いことにそれを25年もやっている。


好きでやっているボクシングのジム通いはそれ以上の年数である。

 

 






なお、本日急展開の話があり、課外授業としてA.B君と三人で近々合コンをやるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4

 

塾生から評価が一番高い「恋愛塾講義ノート」は絶版になってからも数千円したが、最近はだいぶ安くなったらしいので購入を勧めます。電子書籍で定価でも読めますが。