12月28日「遊びの勉強会」詳細2 | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

12月28日「遊びの勉強会」詳細2

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事前に俺は一か八かの勝負を考えていた。

 

平日に不倫願望がある人妻と生徒が関係を持つことである。

 

「ナンパ塾」では出会った相手とそのまま付き合わせたり、あわよくば結婚させることを考えて指導している。

 

だから、相手の女は嫁にするにはふさわしいような女と出会える場所を考えて生徒にナンパをさせている。

 

「遊びの勉強会」ではそれにこだわる必要もない。

 

むしろこだわるのは相手と男女の関係になれるかだ。

 

今回のA君は前回述べたが、すでにすべての講座を受講した卒業生である。

 

 

 

 

 

 

 

 

長年ナンパをやっている自分はどんな場所に行けばどんな女と出会えるかを熟知している。

 

多くの男が出会いは相手の女が近寄ってくるようなものだと考える。

 

この発送がある限り、目当てとする女とは出会えない。

 

たとえば、女医や官僚の女と知り合いたければどこへいけばいいのか?

 

風俗やAVの女と知り合いたければどこへ行けばいいのか?

 

大学生の女と知り合うにはどうすればいいのか?

 

このような疑問を試行錯誤すれば原則的に出会えない女なんてなかなかいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B君の拙著未読と28日は大半の企業の冬期休暇の前日で、厳しい結果もあり得ると思っていたが、結果は大当たりだった。

 

A君が40代の女とホテルに行った。

 

路上で話し込んでいる二人を2メートル手前まで迫って観たが、女は30代半ばにしか俺には見えなかった。

 

薄い水色のウールのコートを着て長い髪は後ろで結んでいる。

 

身長は160センチぐらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A君は相手の年齢をなぜか聞かなかったようだが、中学校1年と2年の子供がいる人妻のようだ。

 

旦那は銀行員で世田谷区内に住んでいる。

 

近所には有名な芸能人も住んでいると語っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の女は不倫する人妻の典型的なタイプだった。

 

仕事に追われているわけでもない、ゆとりがある生活で、旦那と最後にエッチをしたのが何と7年前である。

 

この人妻を誰が責められるだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強会の翌日の昼、A君に電話をした。

 

当日にラインをするように俺はいったのだが、「ラインの返信が無い」と彼は応えた。

 

「大丈夫だよ。あの女は絶対に返信する。それよりその女と今後のことを考えろ」

 

単身赴任中のA君は冬期休暇で妻子の住む自宅に帰宅のため、新幹線の車中だった。

 

A君も夫婦関係はない。・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の立場でものを考えないモテない男女は著名人の不倫に厳しい。

 

感情的になって単純に怒りを露わにする。

 

しかし、男女には当事者同士、あるいは本人しか知らない事情があるのである。

 

今の時代に「我慢しろ!」といっても難しいと俺は思うけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/