先日の「遊びの勉強会」の詳細6 | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

先日の「遊びの勉強会」の詳細6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



終電が迫っていたので少し急ぎながら、俺とA、C君は駅に向かった。

その最中、客引きのキレイな中国の女が目に入った。

と同時に、その雰囲気から風俗嬢だと確信した。

A、B、C君のモテるためのお手伝いばかりだったし、二人に見本を示すために俺は二人を離しながら、女に話しかけた。

後日食事の約束をして通話アプリではなく、携帯番号を教えてもらった。

いとも簡単に連絡先を教えてもらって、二人は驚いている。

しかし、一日一緒に過ごしてあのようにやれば自分でも必ずできると確信したようだ。

現在、A、C君は全講座を申し込んで通学中で野心を燃やしている。







何度もお互いに連絡をやり取りしているが、相手はやはり風俗嬢だった。

そんな仕事を長くやりたいわけがない。

飲み屋の女や風俗の女は口説き方次第で簡単なのだ。

上手くいっいていない点ではこじらせと同じだが、こじらせと違って男と接点はある。

客とは恋愛はしたくないが、何と言っても男相手の仕事なんてやりたくはない。

それがまともな女心である。
 

何にせよ、上手なアレが楽しみである。












一度の明確な失敗はあったが、この日は保母さん(これはA君がブチ壊したが)と中国料理屋に一緒に行った女(この女とも連絡をやり取りしている)とこの女で4度のナンパで3回の成果があった。

これはとりわけ凄いわけでもなく、日常的なことである。

この日参加した生徒もこのブログを読む男の方々も、自分の頑張り次第で何とかなるのだ。

女を相手にしているようでいて、そうではない。

自分自身に勝てるかどうかが明暗のわかれ道なのである。

自分に負けないように!

そして自分自身に潜む可能性を信じることである。








しかし、男に生まれて本当に良かった。

 








なお、前回書き忘れたが、来年は株式会社radicalについては5年目を迎える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、以下サイトはメインテナンス中です。明日の昼までには通常通り、閲覧できます。

 

「復縁塾」(男女別教室)HP
http://www.renai.bz/