『無料体験講座』の予習中。~谷崎潤一郎『痴人の愛』 | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

『無料体験講座』の予習中。~谷崎潤一郎『痴人の愛』

 

http://http://www.daisuke-souka.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日お知らせした通り、以下の開催が決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログを少し前から読んでいる人ならご存じでしょうが、『無料体験講座』のテキストは約半数は谷崎潤一郎の引用です。

 

一度講義をしていますが、再度講義をするとなれば谷崎をより知るためにテキストとは関係ない作品を現在手に取って読んでいます。

 

さらに深く予習をしたいからですが、そうなると、最初の講座を受けた人は面白くないかもしれません。

 

しかし、追求するのは当然の考えで、俺の成長がなくて、生徒の成長があるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでいるのは以下の作品です。

 

アメブロは写真を縦にしたり、横にしたり、自由にできないようなので、横向きで貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~こんな描写は近代道徳の影響を受けた読者には受け入れられないでしょうね。

 

「古典だから許される」という解釈になるのでしょう。

 

男として自然かつ日常的な感情描写ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

~相手の女は15歳である。

 

他の文学作品を読んでもこの年齢は普通である。

 

何度もブログで書いているが、30過ぎの未婚の女が婚活なんてあり得ないよ。

 

15に比べたら、バアさんだろ。

 

18で子供を産んだとしたら、35歳の時に子供は17歳だからな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは女の方がよく解っているはずだけど、女には賞味期限というものがあるだろう。

 

野菜や肉の賞味期限が切れると、水分が抜けるが、そんな感じだよ。

 

 

 

 

 

 

 

老衰した内面で男と向き合っても相手を不愉快な気持ちにさせるのが普通である。

 

特にこんな外見の女は。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~前から何度も言っているが、恋愛で平等なんてないんだ。

 

近代道徳という宗教に洗脳されている人が多いが、このようにどう考えてもいつの時代も差別主義である。

 

 

 

 

 

 

 

 

~これも普遍的なセリフである。

 

捨てられる女、そうでない女、この二つに別れるが、日本の女はレベルが低いから、マンガなんか読まずに古典作品を読んで勉強して欲しい。

 

自分のためだろう。

 

愛されたくないのかよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~下線部は普遍的な男の心理である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~作品のあらすじはこんな感じである。

 

いつの時代もこのような男はいる。

 

谷崎らしいが、この谷崎らしさが自分は共感できない。

 

正直、好きな作家の中で10本の指にはとても入らない。

 

悪魔主義である点は俺と同じだが・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の男ならどんな講義か気になるだろう。

 

普通ではないなら気にならないだろうが。

 

女は全員気になるだろう。

 

体験講座なのだから、この機会に気になる男はぜひ参加して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下の『新恋愛本質論』を彼が絶賛してくれました。

 

(他の2作品はまだ視聴していません。)