女子レベルの問題8~フリフリの服=レベル高い | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

女子レベルの問題8~フリフリの服=レベル高い

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ読者の男は「フリフリの服」ってどんな服なのか解るだろうか。

 

男同士の日常会話でフリフリの服なんて言葉はでないから、具体的にどんな服かを知らない男が多いだろう。

 

(これは女にとっては意外かもしれない。)

 

女と服の買い物に何度も付き合えば相手の女がフリフリの服を手に取りながら、「これは(年齢的に)着られないなあ」といずれは脇で独白されるだろう。

 

そんな経験を繰り返しながら、俺もフリフリの服がどんな服なのかを理解できるようになったが、このフリフリの服は女の踏み絵になっていることに徐々に気が付いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女にとって老いは地獄である。

 

おばさんになるのは耐えがたい。

 

クソババァという言葉を向けられるようになったら、墓場の中で地獄を過ごすようなものだ。

 

つまり、年齢によって男から受け入れられるかどうかを彼女たちはよく知っている。

 

そんな女心を森高千里は公の前で口にしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリフリの服を着ている女や着られる女なら、デートでの失態の大半は帳消しになる。

 

男もほとんどが怒ることはない。

 

若さとはそれだけで有利なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駆け出しの俳優はカメラの前で若さ以外は必要ない。

 

子役からやっている俳優は演技もできるが、客は若さ以外にそれほど関心はない。

 

ところが、30を過ぎて芝居が出来なかったら、視聴者はどう思うだろうか?

 

それと同じようなものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリフリの服が着られなくなった女が、このような格好でデートで失態をしたら男はどんな感情になるだろうか?

 

 

 

 

フリフリの服が着られる女のレベルが高いのは明らかだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの女を眺めれば、審美眼が鋭くなる。

 

審美眼が鋭い古物商は絵画に値段をしっかり付けられるが、俺も女のレベルをしっかり見抜いている。

 

というよりも、イヤイヤ目の前で晒されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵画も、その価値が解らない客には買われたくはないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

審美眼がなっていない男女は結局、程度が低い客しか買い手がいないということだ。

 

ところが、女心はそれで納得できるわけがない。

 

これがこじらせる原因である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、相手に対してシビアではなく、優しい性格だと思い込んでいる、バカな男は多いが、これも女からすれば本当にタチが悪い。

 

どっちもどっちである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自社制作販売DVD」HP
http://www.renai.jp.net/

草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/