連絡事項(前回の補足説明)~キミたちはモテずに一人で生活を続ける自由がある | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾
新型コロナウイルスに関する情報について

連絡事項(前回の補足説明)~キミたちはモテずに一人で生活を続ける自由がある

http://http://www.daisuke-souka.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回、解りにくい点や誤解を招き易い点があったので補足説明をする。

 

塾の生徒に限らず、この国の男女に幸せな恋愛をして欲しいと1998年から頑張ってきました。

 

「まがい物」といいましたが、いい加減なノウハウを提供する業者と同じようなギャランティで講義をするのは耐えられません。

 

自分にも自尊心があります。

 

 

 

 

 

 

 

それと、多様性に関して補足説明します。

 

かつて竹中平蔵が若者に対してこういいました。

 

「キミたちには貧しくなる自由がある」

 

この発言をどう思いますか?

 

政治と関わりのある人物の発言としてはとても不適切に俺は感じます。

 

しかし、選択肢があることは良いことですし、今の日本では貧しくなる自由があるのは事実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

新自由主義思想が2000年代から蔓延して富の格差が開きました。

 

自由市場とはそういうものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和の頃と違って恋愛も今は過度な自由市場です。

 

この自由市場でどのように恋愛で勝ち残るか、そして自由市場で味わう理不尽さにどうやって向き合うべきかを描いたのが拙著『強烈に惚れさせる方法』です。

 

なぜならば、我々はモテずに一人で生活する自由があるからです。

 

現実にそうなっていますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

富裕層がシンガポールに集まるように都内のクラブやオシャレな飲食店にはモテる者が集まりますが、モテない自由を選んだ男女にも集まる場所はあります。

 

どちらに行きたいかそれも自由です。

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛は性に基づいています。

 

上記だけでも過度な自由ですが、さらに過激な性に対する自由の思想が多様性です。

 

経済で労働者に過度な自由を与えれば貧しくなる者が続出するように性に対しても同様です。

 

処女と童貞も右肩上がりです。

 

最近は30代の処女と5、60代の童貞が本当に多い。

 

(塾をやっているから5,60代の童貞が多いといっているわけではありません。そこまで引き延ばすタイプは俺の塾なんか来ません。)

 

多様性を許容する認識が大多数の男女を貧しくしていくのです。

 

自由な労働を選択できるようにした結果、富の大きな格差が生まれたように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多様性という思想は性同一性障害の方々の恋愛市場もいずれブチ壊すでしょう。

 

というより、性同一性障害ではない自分はその世界について詳しくはないから、すでにモテなくなる自由が生まれているかもしれません。

 

人権は擁護するべきですが、何を廃除するべきかをご理解いただけたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、生涯未婚の男性の割合は4分の1になりました。

 

だいぶ前から自分が予言したことが現実化しつつあります。

 

いずれ4分の3になりますからね。

 

タイミングが少し遅れながら、女も同じ比率に近づきます。

 

(2000年代初期から自分たちは無関係と考えているバカな女が男と比べて何と多いことか!)

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな時代にコロナで自宅に籠もるかどうかも皆さんの自由です。

 

ただの風邪なんかのために俺は籠もらないけどね。

 

少しでも多くの男女を幸せにするためにナンパの勉強をするつもりである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自社制作販売DVD」HP
http://www.renai.jp.net/

草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/