他国の異性との恋愛・結婚~福原愛の離婚3 | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

他国の異性との恋愛・結婚~福原愛の離婚3

http://http://www.daisuke-souka.com/
 

 

 

 

 

 

女のブログ読者はタイトルの続きに興味があったと思う。

 

連絡事項を入れてお待たせした。

 

申し訳ない。

 

 

 

 

 

 

 

「火病」という韓国人に対する差別用語がある。

 

詳しくは自分でネットで調べて欲しいが、脳の前頭葉に問題があると言われている。

 

しかし、その根拠は信憑性に欠けるが、火病のような気質を持っているのは確かだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

その韓国人の男に言われた。

 

「日本は自由度が高い社会主義国だ」と

 

マスクを付けろ!と言われれば漏れなく従うし、時短営業にも当然のように従う。

 

それどころかマスク警察や時短に従わない店舗を紛糾するのだから、火病よりも性根はずっと狂っていると思う。

 

その韓国人に「政治家とマスコミによって洗脳されやすい。政治家とマスコミにとってこんなに都合の良い人種はない」と一見差別を受けたようにいわれたが、事実だろう。

 

 

 

 

 

 

 

欧米なら、不満が噴出するから大衆の意見を政策に取り入れなければならない。

 

政治もマスコミも民主主義国は民意に添うようになっている。

 

これは当然だろう。

 

 

 

 

 

 

しかし、どんな政策にも日本人は不満なく従う。


政治家にとってこんな楽な国民はいない。

 

これが不景気につながったのは明らかだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国や日本に限らず、どの国も何かしらの病理を抱えているが、台湾の女の異性間に関する性根は他の国の女よりも悪い意味で突出している。

 

これを日本人に理解しようと思って何度か説明しようと試みたが、ぎゃくにこっちが頭の可笑しい奴に思われた。

 

台湾人と関わったことがない男女に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共感してくれたのは留学や仕事での滞在歴が長い男女だ。

 

彼らはいう。

 

「そう、そう!男の前でのあの気性の激しさは異常だ。アレはヤバいよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

蓮舫が台湾国籍の疑いがあるが、その彼女が旦那をペット以下の存在とテレビで旦那の前で口にした。

 

蓮舫が特殊ではなく、台湾の女ならそれが普通なのだ。

 

本当にペット以下の言動を向ける。

 

不思議なのはそれでもこっちが嫌いではないのだ。

 

普通は好きな相手なら、可愛がるものだが、この気性は歴史・文化に基づくものだと思う。

 

お母さんに可愛がられていた蓮舫の息子が母との決別を宣言した記事を読んだ。

 

息子は台湾と日本のハーフである。

 

日本で育った男からしたら、母親でも台湾の女を受け入れるのは困難だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、この仕事をやって芸能人とたくさん会った。

 

世間で美人と言われている芸能人に実際に会うと、ほとんど幻滅したが、まだタレント時代の蓮舫とTBSの廊下ですれ違った。

 

半端じゃない美人だった。

 

凄かった。

 

元々がクラリオンガールである。

 

俺が出会った芸能人ではもっと若い頃の宮沢りえよりも、蓮舫のほうがずっと美人だった。

 

こうなれば男は難しいだろう。

 

キツい性格でも美人なら我慢できてしまうからだ。

 

俺の場合は台湾の女とは常にそのような付き合いだった。・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/