森喜朗辞任~変態には懲り懲りである。第2弾・橋本聖子 五輪担当大臣 | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

森喜朗辞任~変態には懲り懲りである。第2弾・橋本聖子 五輪担当大臣

http://www.renai.be/
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その都度公開せず、多くのブロガーがブログの書き溜をやっていると思う。

 

俺もたまにやっている。

 

その都度、書いてると、他の仕事を圧迫する。

 

今回の内容は森さんから橋本聖子にスイッチしてすぐに書いた内容である。

 

どうせ森さんの男性差別は鬼の首を取ったように報じるだろうけど、女のセクハラやパワハラは取り上げないと考えていた。

 

しかし、今回海外が過去の橋本聖子を問題視して報じたため、国内でもそれが報じられた。

 

そうなると、今回は破棄しようと思ったが、よくよく考えると、掲載した写真とかを知らない方が多いと思うので、そのままアップします。

 

以下の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森さんが辞任したのは皆さまもご存じの通り。

 

女性蔑視発言らしいが、どこが女性蔑視なのかさっぱり解らない。

 

デートをしていても、どの女の人も話が好きだし、話は長い。

 

漏れなく、そうである。

 

だから、俺のマニュアル本には会話では聞き役になれ!と指南している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森さんは不快な思い(とりわけ女性に)をさせたとお詫びをしたが、世間は大騒ぎで辞任に至った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その代役がどうして橋本聖子なのだろうか?

 

以前、この写真はこのブログで紹介している。

 

相手は高橋大輔である。

 

 

 

 

嫌がる高橋氏に首に唇を押しつけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この二人の立場は会社の上司と部下どころではない。

 

スケートの大先輩でオリンピックを仕切る議員(=権力者)と元選手なのだ。

 

スケート業界で今後も仕事をしたいと思われる高橋氏が橋本聖子を振り切れるわけがない。

 

これが本当のパワハラかつセクハラだろう。

 

週刊新潮で問題視されたにも懲りず、やっぱり自分の性癖や性欲が抑えられないのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それがこの写真である。

 

 

 

 

左から羽生結弦、高橋大輔、小塚崇彦である。

 

ボクシングのスーパーフェザー級元世界チャンピオン・伊藤雅雪選手によく似た高橋大輔の表情は試合前の減量で鬱気味のようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不特定多数が好きなんだろう。

 

やられた人たちは茫然自失だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はよく知らないが、スケートをやっている生徒の話では羽生結弦は女ではなく、男が好きらしいから、自分の母親より年上であろう、おばさん相手に本当にイヤだったろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森さんの代替えで、どうしてゴリゴリに夫婦別姓を推し勧める橋本聖子なの?

 

これも子供にどう説明すればいいか解らないだろう。

 

違うか。

 

女権尊重で夫婦別姓を推し勧めているから、代替えにふさわしいのか!

 

不特定多数が好きだからな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような変な性癖は政治信条に必ず表れる。

 

だから、真面目な変態議員はイヤなんだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上を考えたら、辞任してひっそり暮らしている山根明なんて本当にいい人だった。