テキスト公開3(生殖器の問題)~1月26日(日曜日)無料体験講座 | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

テキスト公開3(生殖器の問題)~1月26日(日曜日)無料体験講座

http://http://www.daisuke-souka.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

『ヰタ・セクスアリス』森鴎外・新潮文庫
 僕はその頃の事を思って見ると不思議だ。何故かというに、人情本を見た時や、埴生がお酌と手を引いて歩いた話をした時浮んだ美しい想像は、無論恋愛の萌芽(ほうが)であろうと思うのだが、それがどうも性欲その物と密接に関聯(かんれん)していなかったのだ。性欲と云っては、この場合には適切でないかも知れない。この恋愛の萌芽と Copulationstrieb とは、どうも別々になっていたようなのである。
 人情本を見れば、接吻が、西洋のなんぞとまるで違った性質の接吻が叙してある。僕だって、恋愛と性欲とが関係していることを、悟性の上から解せないことはない。しかし恋愛が懐かしく思われる割合には、
性欲の方面は発動しなかったのである
 

 

 

 

 

 

 

 

 

※、「性欲の方面は発動しない」って凄くヤバいよ。このままベットに行けば、女の前で「役立たず」なんだから。

 

ベットの上で、目の前の男がそうだったら女はとてつもなく気分が悪いだろうな。恋も一瞬で冷めるよ。女は嫌味の一言でも投げかけるだろう。それよりも、お互いの沈黙のほうが苦痛の男もいるかもしれない。

 

もし男女が逆転して、女が原因で性行為ができなかったとしたら男だってムカつくだろう。ただ、皆さんもご存じのとおり、女の身体は機能上、そのように不能状態になることはない。

 

 

 

 

 

 

これについては少し前にこのブログで書いてアクセスが物凄くて大反響だった。不安な男が多いんだろうね。だから、当日軽く講義したいと思う。

 

なお、俺は厳しいことだけをいっているわけではなく、そのような口調に時としてなるのは各々が抱えている悩みをしっかり解決したいからである。

 

 

 

 

 

 

 

童貞の男にとって困るのは機能するか不能なのかが、女とベットに行かないと解らない点だろう。今後、有事の際に自分の下半身がどうなるかその場にならないと解らない。

 

風俗の女の前では機能しても素人の前ではそうならない男はたくさんいる。こういった男にも当日は優しく助言したいと思う。デリケートな問題だからな。こうなったらいくら何でも可哀想だろう。・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

初めての相手は好きな相手と経験したいとか贅沢な想像をするよりも、本当に自分の下半身が大丈夫かを謙虚に心配した方がいい。

 

機能不全は相手を変えても原則的に繰り返すから。

 

機能しないのは肉体だが、これは肉体の問題ではなく、完全に心の問題でから、スクワットとか変な体操をしても治るわけではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/

「婚活現実論」デタントー女性スタッフ執筆
https://ameblo.jp/detente-souka-staff/