山口真由~高学歴男女が恋愛難民になるモデル人物3 | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾

山口真由~高学歴男女が恋愛難民になるモデル人物3

http://www.renai.be/

 

 

 


●本来であればお盆休みのナンパ塾路上実践講習の結果を書くべきですが、タイトルの内容が先送りになると、ブログ読者が解釈しにくくなるので、実践講習の結果は後日にします。タイトルの内容は今回が最終回です。






 

 

中華料理屋でチャーハンを炒めるときに塩をオタマですくって米と炒める。

 

そして、味見をせずに客に出す。

 

野菜炒めやニラレバ炒めでも塩を使うが、人差し指と親指で塩をかけて味見をせずに客に出す。

 

こんな芸当がどうしてできるのかを昔、料理人に聞いたことがある。

 

ウデと指先の感覚が優れていなければこれはできない。

 

家庭料理と違ってプロは凄いものだ。

 

 

 

 

格闘技では距離感が重要だが、これも感覚の問題だ。

 

では、恋愛はどうか?





 

勿論、理性も必要ではあるが、料理や格闘技と同じでそれだけでは話にならない。

 

対人関係も距離感に関することで感覚は重要である。


ちなみに、俺からみると、モテない男は原則的に誰に対しても距離感がメチャクチャである。


これが他人にとってどれだけ嫌なことかを想像してもらいたい。



 

 

 

 

感覚を養うには実際に試す意外にない。

 

マニュアル本で知識を得たら経験を積まなければ感覚は磨けない。

 

俺の「恋愛駆け引き、口説き塾」や「恋愛塾」でも感覚は磨かれるが、それでもやはり限界がある。

 

 

 

 

 

理性だけに長けていても世の中、意外に役立たないものだ。

 

俺は自分の生徒にどんどん経験を重ねろ!といってもダメな奴はダメでまったく行動できない。

 

山口真由にしてもダメな生徒にしても、この滑稽さに本人たちは気がつかないどころか自分が優秀だと思っているからタチが悪い。

 

正直、考えが甘すぎると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/