ナンパ塾・路上実践講習の結果3 | 草加大介 公式ブログ ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾
2018-06-08 15:36:06

ナンパ塾・路上実践講習の結果3

テーマ:ナンパ塾

http://http://www.daisuke-souka.com/

 

 

前回の補足説明をします。

生徒たちは「普通の顔つき」をしていたが、この「普通の顔つき」が一番困るのだ。

長年この仕事をやっているが、「普通の顔つき」をしていて当日、上手く行く生徒はほとんどいない。

顔面蒼白で強ばっていて何かに怯えた表情でなければダメなのだ。

実践講習でダメなら本人の恋愛は今後、限りなくダメに決まっていると考えるのが普通で、事実上、それは本人の人生の終わりに等しいはずだ。

そう思わないのなら、大金をかけて幾つも婚活講座やナンパ講座を受講してみればいい。

俺の塾でダメなら他のことをやってどうあがいても無理だと卒業生の大半は語るが、そう語らないのは安易な気持ちで受けて落ちこぼれてしまった卒業生だけである。

落ちこぼれた彼らからけっこう逆恨みされると既に書いたが、俺を恨むのも著しい勘違いだし、本人たちだって無意識で他の手段ではどうにもならないと解っているから、俺の存在をなかなか断ち切れない。


今回の生徒たちも彼らも自分が主体的かつ能動的にモテるようになろうと考えず、モテるようにさせてもらうという受け身な気持ちで何ら問題ないと思い込んでいる。

確かに「モテるようにさせてみせる」という方針で俺は講義をやっているが、事実「ナンパ塾」以外の「恋愛駆け引き、口説き塾」や「恋愛塾」は受講生は受け身で十分である。

だが、路上実践講習は俺と生徒、お互いの主体的かつ能動的な気持ちがあってはじめて成立する。

 

受け身の受講で上手くいくと思うのは今、騒動になっている紀州のドンファン・野崎幸助と同じぐらいの著しい男女関係における勘違いである。

恋愛で悩んだり、落ちこぼれたりした者は自分が主体的に行動すれば意識は行為に集中するから、それだけで苦しさから解放できる。


案外簡単に結果が出るから、冷静になって頑張るか気軽に再受講して欲しいと俺は思っている。


そういわれて困惑するのなら同性ではなく、女に相談するのを勧める。






喫茶店で俺は彼らに諭そうとするのだが、表情は切り替わらない。

結論から述べるが、この日、途中で現地にて違和感を感じて生徒たちにナンパを辞めさせた。

その頃、C君が偏頭痛により、帰宅したいと申し出た。




ナンパ指導は難しいと判断してタクシーで少し離れた場所に移動したらもっと酷かった。

物凄く緊張した雰囲気に街は覆われていた。今までみたこともない人数で警戒する警察官の一人に「何があったんですか?」と聞くと、デモだと言う。

右派か左派かと質問すると、「両方なんですよ」と丁寧に教えてくれた。

天候以外の理由で中断したのは開業以来はじめてである。

生徒も俺も一気に脱力した顔になってしまった。
 

 

 

 

 

 

 

 

「自社制作販売DVD」HP
http://www.renai.jp.net/

ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾 草加大介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります