「ナンパ塾」

究極デートマニュアル

(河出書房新社)

1,400円(税別)


新・「ナンパ塾」

完全極秘マニュアル

(河出書房新社)

1,300円(税別)


新恋愛本質論

(共同企画デタント制作DVD)

22,800円(税込)

http://www.renai.jp.net/



https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

2018-02-13 15:16:57

テキスト公開5~復縁塾 追加講義

テーマ:恋愛便利屋

http://www.renaibenriya.com/

 

 

『偉大な姉妹』三島由紀夫・新潮文庫より引用
 浅子の生まれた明治二十年代、これはほぼ反抗が実を結び、野望が収獲にとりかかった時代である。あの時代には、とにもかくにも、あらゆる類いの勢力が効用をもっていた。立身や、金儲けや、享楽や、暗殺や、選挙や、戦争や、あらゆるものに精力が等分され配分された。明治二十年、東京電灯会社がはじめて電気燈を点火し、保安条例が公布されたこの年に浅子のいわゆる「偉大」が確立したのである。
 新しい秩序が漸く固まり、なお多くの修正が正しいものと見●(みは)なされた彼の時代には、戦争も、暗殺も、立身出世も、あらゆるものが正義であった。青年は世界を夢みた。子供が早く大人になって深夜までつづく宴会に出ることを夢みるように。たしかにそのころはまだ世界のどこかに大きな饗宴があったのだ。この連日連夜つづいている饗宴が果てぬうちに、早く大人にならなければと焦慮しつつ、子供たちは燈を消した子供部屋の窓から、息をこらして、夜の彼方に燦めいている城館の宴の灯を見ていたのである。
 浅子の記憶によれば、そのころの男たちは悉く剛腹な放蕩者であり、女たちは悉く貞女であった。現に唐沢将軍夫婦がどうである。将軍の女好きは著名であったが、唐沢秀子の貞淑もきこえが高かった。それは苦しまない貞淑、大どかな貞淑、古い家具のように手ざわりのよい親しみに充ちた貞淑である。口に出してこそ言わなかったが、秀子の目には良人の浮気は児戯に類するものに映っていたに相違いない。

 

 

 

 

 

 

 

最近、日本の保守化とか右傾化とか言われているけど、一体何なんだろうか?と思う。

 

どこが保守化なんだろうか?

 

戦争や人殺しや暴力でしか物事を思考できない、偏狭な人生を歩むオピニオン業の人たちがバラまいた功罪だな。


こういう野蛮な思考は男にも女にも嫌われるよ。


ネット右翼がそうだろ。

 

拙著『強烈に惚れさせる方法』でも書いたけど、酷い連中だよな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「婚活現実論」デタントー女性スタッフ執筆
https://ameblo.jp/detente-souka-staff/

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

ナンパ塾・恋愛塾・別れさせない屋・復縁塾 草加大介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります