モデルになる方法から学んだ事! 海外での経験 by ダイスケ / Daisuke A. Model

モデルになる方法から学んだ事! 海外での経験 by ダイスケ / Daisuke A. Model

ダイエット18キロ成功♪ モデルになる方法♪ モデルの海外挑戦の事、飲食店を始めてみた事など♪ 自分自身の経験談と個人的な感想…

2017年、当ブログは整理中です! m(__)m

Model : Daisuke A

HP : Daisuke-ozi.com

↑最近のブログ内容は、こちらから転載。

テーマ:

実際に海外と日本で活躍したモデルのダイスケAが、講師の経験も含めて『モデルになる方法』として解説している人気のブログ。モデル総合情報のサイトから抜粋♪

 

『モデルになる方法』

これは簡易な単純説明では難しい矛盾点と重要ポイントが存在しますので、先ずは全体像をサラッと説明してから細部を個別に書いてみようと思います。

 

前提の話となりますが、私がモデルを始めた頃に様々な事を理解していたわけではありません。私はたまたまラッキーで走り抜けた部分であって、いろいろと経験してみた後に、周囲を見渡して感じ思えた事だと言えます。

 

 

先ず、時間的な性質の3点を前提とし、ボンヤリで構わないので頭に置く。

 

1、モデルを始める初期の頃が意外とチャンスの大きい時期と言え、とても大事に準備してスタートダッシュすべきと思えます。しかしこれは、新人が知り得る事がとても難しい矛盾が存在する。

 

2、モデルとしてのレベルアップとダウンは、好くも悪くも相乗効果が作用し、とても地味な形でしか体感できない性質があるので、方向感覚を見失ってしまいがちである事。レベルアップし難くそのチャンスは希少であるにも関わらず、不のループには陥りやすいので、スタートダッシュからの微妙な変化を本人が把握し辛い事。特質過ぎてタチが悪い。

 

3、モデルには絶好調と通常時に倦怠期とがグルグル回っており、全体像として賞味期限的なものと、ポジショニングにレベル別けグループみたいなものが存在する。長期的戦略で考え難い焦りの矛盾が存在する。

 

 

時間的な性質を念頭に置いての戦略を考えつつ……

次に、自分自身のキャラクター設定を定めてから磨きをかける事、2点。

 

1、どの仕事ジャンルをどういったバランスで勝ち獲て行くのか?自分の意向と現実問題を考慮したバランスで設定し、それに磨きをかける事。新人はそもそも仕事ジャンルのバランスを知り得ない矛盾。

 

2、ある程度で磨かれたキャラクターもしくは光る原石の存在感を、必要なアイテムに変換する。例えば事務所を受ける時とその後に最重要にもなる写真。

 

 

結果論として、事務所を受ける時の段階は第三者の見解で判断される事を理解する。ちなみにフリーの場合でもクライアントからしてみれば第三者の見解と判断であると言える。

 

 

そして具体的な行動開始。

 

自分の打立てた戦略に見合う事務所に所属してから、再度で事務所側と様子見しながら、上記戦略もすり合わせしながらで新人時代に突入!

 

その後は事務所と一緒に、オーディションで再度の客観的判断をされながら、重要アイテムのコンポジットカード(近年的に言えば、コンポジットカード要素となる写真)と、ブックの構築とをレベルアップさせる日常生活のルーティン開始となる。

 

この重要アイテム類は底力としての蓄積キャリアアイテム。

加点要素として年齢に見合った客観的人間性となんとなく感じさせる雰囲気が、オーディションの最終段階には物を言うし、実となる広告系に大影響を及ぼす。が、しかし~これはモデルの特質上とは矛盾を感じる問題点がある。

 

 

この全体像は、ある程度で様々なジャンルとハイレベルの仕事を勝ち獲た上に、長期的ルーティンを経験し獲ないと理解し難いのではないかと想う矛盾……。

 

さて、全体像を簡易に述べた上で~次から細部の説明を個別に書こうと思います。

事務所の選び方の受け方とコツ、レッスン料や撮影費について、モデルとして気をつけるべき重要ポイント、新人時代からとっとと突き抜けたいルーティン、一発逆転方法、などなどですw

 

 

 ★モデルになるには <ここを押す

 

 

★★★★★★★

 当ブログは公式ブログの保存用です。
 ★ Daisuke A. 公式ホームページ 

 ★ 公式のブログ、人気の記事まとめ

 ★ モデルの総合情報サイト
★★★★★★★

 


テーマ:

実際に海外と日本で活躍したモデルのダイスケAが、講師の経験も含めて『モデルになる方法』として解説している人気のブログ。モデル総合情報のサイトから抜粋♪

 

さて、先ずは一般的な「モデル」との言葉で再確認しておかないとアカン事があります。

 

日本で言う一般的なモデルって言葉は、TVなどで観かけている「タレントモデル」がほとんどであり、芸能事務所に所属し、タレント・芸能人としてモデルの仕事をしています。「読者モデル」これは省略w

 

これから触れるモデルとは、「プロモデル」でして、ここ近年にTV番組の中で区別するために都合上で生まれた言葉です。推測ですが、「プロのモデル」って所が所以かと思われます。海外で言うモデルはこちらのジャンルです。

有名人としては、【冨永愛】が一番イメージしやすい人ではないかな。現在芸能人で元プロモデルの出身で言うと、福島リラ、渡辺杏、平山祐介、前川泰之、伊勢谷友介、井浦新などなど…まぁ、実は沢山いますねw

 

とは言え、これから書く『モデルになる方法』は、ひとまずタレントモデルになる方法や手順と重なる部分が多々あり、ぶっちゃけ~プロモデルも知名度が上がり過ぎてタレントモデルや芸能人になってしまう結果があったりもします。

プロモデルのジャンルでは、知名度が上がり過ぎての弊害があったり、そもそもモデルとは?ってな深い内容には、また別の機会でw

 

そもそも個人的にツッコミたい事は『プロモデル』、プロじゃないモデルって何?とも思いますし、現実を知っている経験者の私としては、これは本当にプロの世界なんだろうか?なんて疑問がありますw

そもそも『プロとは?』ってな議題も好きですが、話がそれるので、また別の機会でw

 

やっと本題w『モデルになるには』ですが、これは大まかに3つの形に別けて説明します。

 

先ず、モデル事務所・芸能事務所に所属する形。これがスタンダードであり、ベストの形だと私は思っています。

 

次に、専属モデルとなる形。これは様々な形とクライアントが存在すると思われますが、一般的な王道はファッション雑誌の専属モデルです。毎年、いろんな雑誌が公募していますね♪

 

フリー。これは本来、それなりにモデルを経験して知名度もある人に限られた形だったはずであり、事務所に所属出来ないが諦めきれないで仕方がなくの形でもありました。がしかし、ここ近年では状況に変化が生じてます。インターネットとSNSの発達が、フリーであるデメリットを大きく改善する状況にあると言えるので馬鹿にできません。

実を言えば、プロモデルには逆風であり迷惑な話でもあるのですが~芸能人にならないモデルの先を構築する可能性が出てきたとも言えるメリットでもあります。まぁ、判断材料とやるべき事が増えてしまった事実でもありますが、これはまた別の機会でw

 

フリーでモデルを行う場合、気をつけなければならない事は多々あり、将来を台無しにしかねない事だったり、事務所に所属する場合の妨げになる事があります。まぁ個人的には、やはり基本となるルールや知識などの基盤は学んでおく事が吉と言えるのではないかと思います。

 

『モデルになるには』専属モデルを狙う、フリーで動く、事務所に所属する、この3つの形と解説しましたが、ぶっちゃけ~それなりになると事務所が必要になる理由がありますw

 

次の『モデルになる方法』では、先ず事務所に所属するために重要な事についていくつか書きます。

 

 

 ★モデルになる方法

 

 

★★★★★★★

 当ブログは公式ブログの保存用です。
 ★ Daisuke A. 公式ホームページ 

 ★ 公式のブログ、人気の記事まとめ

 ★ モデルの総合情報サイト
★★★★★★★


テーマ:

実際に海外と日本で活躍したモデルのダイスケAが、講師の経験も含めて『モデルになる方法』として解説している人気のブログ。モデル総合情報のサイトから抜粋♪

 

『モデルになりたい!』よくこの相談をされるまでに至ったわけですが~さてこの言葉に対して、私がよく質問するのは、

「なぜモデルになりたと思ったの?」意外とこの初心は大事な事であり、これから試行錯誤して壁にぶつかった時や、バランス調整を行う時、方向転換する時に役立つ事だったりします。

 

そこで私が必ず発する言葉は、

「経験者としておススメしない!」です。

ちなみに、近年のモデル事情は大きく変化しつつある時代に突入しており、背が高くなければダメ!とか、顔立ちが美しくなければダメ!なんていう条件は低くなりつつあるとは言え、やはりハードルは高いのが現実。

 

まだ『女優になりたい!』とか、『ミュージシャンになりたい!』とかのほうが、技術面云々に左右される部分が大きいだけにベターだと思うのですが、ぶっちゃけ私は「モデルよりも芸能界のほうがおススメしない!」ってのが本心。

とは言えここ近年、舞台の世界や音楽業界も大きな変化を余儀なくされる状況となっている様でして、SNSとインターネットの発達などが理由にあると思われますが……これはまた別の機会w

また余談が過ぎそうになりましたw

 

間違いなく厳しい世界であり、ちょっと反対されたり厳しい現実に直面した程度で諦めるくらいなら~とっとと諦めたほうが好い!時間も費用も無駄であり、人生を壊す可能性が大きい……。

そんな安易な気持ちは、頑張っている人に失礼!

才能あり本気で努力した人間でも成功するには厳しい世界である事を覚悟した上で挑んで欲しい!

 

なんてカッコイイ事を言ってみたかったりするのでが、私は大義名分ありでモデルを経験したわけではありませんw

ぶっちゃけ、後付けですが~やってて好かったかなと思える事も多々あります♪

若い時、あれこれと憧れや興味を持つことは自然な事です。ここ近年の若者はやりたい事が見つからないですけど、何かやりたい事を見つけた事はすでにラッキーかもしれません♪

 

先ずはとりあえず始めてみる事であり、情報収集をしてみる事をお勧めします!

残念ですが、何事も勉強して予習あるほうが~時間と費用の効率化と、目標達成の確率が上がるとも思えます。

 

せっかくなので、『モデルになるには?』から『モデルになる方法』までの解説記事を書いてみます。気が向く限りで~その他など様々なお役立ち情報などを書き残しておくつもりです。

気が向きましたら、公式ホームページの【ニュースレターの登録】をして頂けると、私の書く気力がアップしますので宜しくお願いします♪

 

 

 ★モデルになるには <ここを押す

 

 

★★★★★★★

 当ブログは公式ブログの保存用です。
 ★ Daisuke A. 公式ホームページ 

 ★ 公式のブログ、人気の記事まとめ

 ★ モデルの総合情報サイト
★★★★★★★

 


テーマ:

 

久々の若者向けか?笑。音楽と映像のシンクロがカッコイイ!そんなエンターテイメントのファッション性を感じられる作品を紹介♪ストーリーもなかなか面白いです!

 

 さ、単純なエンターテイメントの作品であり、音楽と映像のシンクロがカッコ好くもあり、ファッション性も感じる楽しい作品です♪ 子供には少々で微妙かも…

 

 ありがちなアウトローな設定でありまして、逃げる時のドライバーが主人公となる映画。 書いてて思いますが、車に乗る男性は~かなり好きかも♪ 観た後のスピードには要注意して下さい!w

 

 ストーリーですが、頭の切れるリーダーが強盗を練り、そこに集う腕利き達を逃がすためのドライバーが主人公です。 この主人公、不思議な好青年であり、何故に犯罪へ加担しているのか?との疑問から始まり、抜けたいけれども…それでいて、いつもイヤホンで音楽を聴いているわけでして、それは何故か?ってな部分もストーリーに関わってきます。

 脚本重視で映画を観る私としては、素晴らしい脚本でのストーリー展開とは言いませんが~映画のエンターテイメント性を魅き出す事を前提とした脚本としては◎と言え、よく考えられており~展開も速いので飽きずに観れるアクション映画です♪


テーマ:

 

すぐ映画館に足を運ぶのをお勧めします♪時間もお金も間違いなく無駄にならないエンターテイメント作品であり、友人でもカップルでも親子でも楽しめる内容です!

 

 さて、そもそも個人的にはあまりにゅーじかる映画を好まなかったりするのですが、そんな私もでも何の問題もなく超お勧め映画として紹介したい作品です♪

 ここ近年では、「セッション」に次ぐお勧めとなりますね!笑

 この作品は、歌にダンスに映像美と重なりますので、映画館に足を運ぶ事をお勧めします♪ 珍しい発言となりますが、もぅ一度で映画館に観に行っても好いかなと思えるほど~大画面と大音響で観たいと感じるエンターテイメントでした!笑

 

 内容となる部分ですが、ストーリーは実在した人物が基となってはおりますが~あまりそれは関係ないかなと感じられます。単純にファミリーとしての家族愛的なヒューマン要素をなぞる展開があり、多少なり人種差別的な時代背景も重なるヒューマンドラマを、舞台となる形で披露するシーンで、歌と音楽にダンスなどのエンターテイメントとして魅せてくれます♪

 ガツンと心に響くヒューマンのような映画ではありませんが、エンターテイメントとしてチープなアクションやSFとは違う、芸術的な要素で魅せるエンターテイメントです!

 

 個人的に好きだった台詞は『人の笑顔を生みたいから多くのペテンや嘘を魅せてきたけれど、一度くらいは本物を魅せたい!』正確な台詞ではありませんが、まぁこんな意味合いw

 ちょっと、個人的に響きました♪笑。 その流れからのオペラシーンはストレートに響きましたし、その流れでなんとも切ない心情を表すシーンでも、これまた他の面子が感動を魅せてくれます♪

 

 べた褒めか!? まぁ、それでも好いかなと思えるほどに観て欲しい作品です♪

 

 

 

 蜃気楼の影★ドキュメンタリー動画ブログ

★★★★★★★
 ★ 当ブログの目次構成 ← 先ずはここ!

 ★ SS15 MILAN ← モデル復帰でミラノに行ってきた内容…
 ★ おすすめの映画
 ★ Daisuke A. 公式ホームページ 

 ★ モデルのワークショップ詳細 
★★★★★★★

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス