本番に持てる力を発揮したい

願う選手は多いと思います。

 

ただその為には練習が必要です。

当たり前ですよね。

 

その練習を準備と表現しています。

 

何事も準備がないと結果が出ないと思っています。

練習を積んでないのにいきなりホームランを打て!

と言われてバッターボックスに立たされてもホームランは打てないですよね(笑)

 

だから準備は大切なのですが、

私は準備とは2つの要素があると考えています。

さらに、その準備の為の準備が最も大切だと考えています。

 

では、それは何か?

 

準備その1は先ほども触れた練習です。

アスリートであれば練習は当然すると思うので深くは触れません。

 

準備その2は私生活です。

私は特に私生活がメンタルを育てるのに重要だと考えています。

なぜなら私生活が全ての土台になるからです。

男女ともに関わる項目について箇条書きでまとめてみます。

 

・睡眠

・食事、栄養補給

・有酸素運動

・勉強

・心身、道具のケア

・掃除、整理整頓

・コミュニケーション

・恋愛

 

以上の項目が大事になる私生活のポイントと考えています。

(その他こんな項目もあるぞといった意見があればぜひ教えてください(笑))

 

有酸素運動については練習に含まれている競技なら問題ありませんが、

有酸素運動を基本的に練習で行なっていない競技については必要だと考えています。

 

で、項目を一個一個説明するのは文章が長くなってしまうのと、

特に重要な点が準備の為の準備のお話なので、

今後のブログで一つ一つ解説していきたいと思います。

 

では、準備の為の準備とは何か?についてご説明します。

 

皆さんは自分が行動を起こす際に何をして行動を起こしていますか?

 

 

{4EA15053-F37F-4C3E-A1A7-02812179604F}

 

 

 

 

 

 

おそらくほとんどのことは

頭の中でのみ考えを巡らせて行動に移していると思います。

特に忙しい方だと多くのやるべきことを

頭に詰めながら日々忙しなく動いていると思います。

 

行動を起こすのは良いことですが、

計画性があるとより効率的に動くことができ、

漏れ防止にも役立ちます。

 

だからこそ行動を起こす前に

「自分の目標ややるべきことをノートに書いて整理する時間をとる」

ということが大事になってきます。

 

それが、準備の為の準備なのです。

 

ノートを使う上で特に大事なポイントが3つあります。

 

①1年間の目標、1ヶ月の目標を書く。

これをすることで

「そうそうこの目標を達成したいんだよな」と

自分が目指す目的地が定まります。

 

②1日のやるべきことを朝ノートに書く。

「あれ、今日何するんだっけ?」

「あ、やるの忘れてた!!」

ということが少なくなります。

 

③1日の振返りを記録する

やるべきことを実行できたかどうかのチェック

学んだこと

うまくいったこと

失敗したこと

改善策

 

1日の振返りをすることで

明日にどう繋げていくかがわかります。

そうすると、明日何をすべきかがこの時点でわかるので、

朝のノートの書き出しがスムーズに行えるはずです。

 

全体的に時間のロスが少なくなるので、時間が増えます。

アスリートは特に忙しい方が多いので

時間が増えるのは嬉しいですよね?(笑)

目標達成までの道程も定まるので

余計な寄り道をして心身の疲弊を感じることも少なくなると思います。

 

そして一番のメリットは

考えが整理されてる状態はすごく気持ちがいいということです。

 

だからこそノートを常に持ち歩いてほしいんです。

 

練習にも、試合にも、遠征にも。

 

まずはノートに毎日書くこと。

準備の為の準備を習慣にすることで、

本番に向けての準備が構築されていきます。

 

「大事だと聞いたことはあるけど気が乗らない」とか、

「そんなもん必要ない」と考えている方は時期がきたらでいいと思いますが、

伸び悩んでるならぜひトライしてみてください^^

多かれ少なかれ新しい発見があると思います!

 

既にやっている方であれば、浮かんだアイデアや気づきなど、

考えを書き出す自由欄を設けてみるのもありだと思います。

 

自分と向き合うことはメンタルを育てることと直結します。

 

ぜひ取り入れて本番で力を発揮するために準備していきましょう♪

 

ご参考までに

 

 

スポーツメンタルコーチ

イトウ ダイスケ

 

体験コーチング行なっています

お問い合わせはコチラ

 

Twitter

 

Facebook

 

 

スポーツメンタルコーチのイトウです。

 

今年もよろしくおい願いします。

 

2018年もスタートして皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

暖かい時期が大会や試合が多くなる競技であれば、

自主トレや基礎トレが主になると思いますし、

 

逆に冬の時期に大会や試合が多い競技なら、

勝ち負けの命運がはっきり分かれる時期でもありますよね。

 

 

さて、今回は

自分に負けることで開く可能性についてお伝えします。

 

自分に負けることで開く可能性?

 

ちょっとわかりづらいですよね。

 

人はともすると弱い生き物で、

皆それに耐えたり、抑制して生きています。

 

それは、法律であったり、様々な規制があるからで、

それに反すると罰則があります。

 

それが社会のルールですが、

守れなければ罰金や報告書の提出など

現実的な処分が課せられるので、

ある意味守れるのだと思います。

 

 

 

しかし、自分に置き換えてみたときはどうでしょうか?

 

自分との約束

 

自分が決めたルール

 

自分が決めた毎日の目標

 

守れなかったことはありませんか?

 

たぶん、多くの人があるのではないでしょうか?

 

私はあります。

 

過去に何度も自分が決めた約束を破ってきました。

 

ただ、そこから学べたことがあったのも事実なんです。

 

例えば、

 

朝の時間を事務作業に使うため、

朝6時に起きると決めました。

 

でも、続かないことがありました。

 

自分が決めたことを守れずに自分を責めました。

 

しかし、

なぜ6時に起きれないんだろう?

分析をした結果わかったことがありました。

 

それが、寝る時間を早めることでした。

 

今まで24時に寝ていたのを23時にするようにしてみたんです。

(勿論、状況により遅くなることもあります)

 

すると、6時に起きれるようになりました。

 

さらに、24時に寝ていた時は、

無駄な時間を過ごしていたことも分かりました。

 

それによって生まれたメリットが

 

・朝に作業をこなせる時間を設けられるようになった

・1日のパフォーマンスが向上した

・仕事の生産性が上がり、成果を生めるようになった

 

ということでした。

 

この他にも日常生活の中で

自分が決めたことを守れなかったことは数々ありますが、

 

何が大事かって

 

守れなかった事実を受け止めて、

どうすべきかを考える。

そして行動に移す。

 

という過程が大事なのだということに気づきました。

 

要は

 

できなかったことを放置しない

 

ということです。

 

だから、

 

自分に負けることって、悪いことじゃないんです。

 

自分に負けるから、わかることがあるんです。

 

自分に負けるから、新たな気づきが見つかるんです。

 

自分に負けるから、ステップアップできるんです。

 

もし、自分に負けることで

不甲斐なさを感じて行動できなくなっている方がいたら、

その方の為にこの言葉で背中を押したいです。

 

---------------------------------------------------------

 

「自分に負ける」

それは、

対戦相手に負ける以上に

悔しさや不甲斐なさを

感じるかもしれない。


でもちょっと待って、

それってさ、

自分と向き合ってるってことだから

これから強くなるチャンス

ってことなんだよね。

だからさ、

自分を信じることを

諦めなくていいんだよ。

 

---------------------------------------------------------

 

 

お読みいただき、ありがとうございました^^

 

 

スポーツメンタルコーチ

イトウ ダイスケ

 

☆Twitter☆

 

☆Facebook☆

 

体験コーチング受付けています

お問い合わせはコチラ

 

 

人が日々生活をしていると

 

思い通りにならないことってあると思います。

 

それは、

 

人生設計だったり、

 

学校の勉強や試験、

 

仕事の日程や進捗、

 

家族や友達や彼氏・彼女との約束など、

 

プライベートの予定に到るまで…

 

こうしようああしようと

 

緻密に計画を立てたとしても

 

完璧に物事が進むことはほぼありません。

 

 

アスリートも同様に、

 

思い通りに事が運ぶことって

ほとんどないのではないでしょうか?

 

屋外スポーツなら、天候に左右されたり、

 

グラウンドが荒れていたり…

 

忙しくて十分な睡眠が取れなかったり、

 

目標数値に達しなかったり、

 

試合では想定外の事が起こったり…

 

 

いかがでしょうか?

 

思い返すと、

 

予想打にしない日々の

連続だったりしませんか?

 

 

そんな時、

 

あなただったら

 

どう考えますか?

 

あなただったら

 

その現象をどう捉えますか?

 

 

少し目を閉じて考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

ではここで、

 

うまく事が進まない現実に直面した時に

大事になる考え方をご紹介致します。

 

 

それが、

 

 

 

思い通りにいかない経験が

自分をどう成長させてくれるのか?

 

 

 

という考え方です。

 

 

どんなに思い通りにいかない状況でも

学べることってあるんです。

 

 

言い方を変えれば、

 

 

思い通りにいかないからこそ、

成長のチャンスが生まれるわけです。

 

 

それをチャンスと捉えるのか?

 

それとも腐ってしまうのか?

 

その差が結果の差に影響すると言っても

 

過言ではないと思います。

 

 

ぜひ、思い通りにいかない時に

 

「この状況から学べることは何か?」

 

「思い通りにいかない経験がどう自分を強くさせてくれるか?」

 

 

そんな風に、

自分と向き合ってみて下さいね。

 

そしてその過程を、

楽しんでくださいね。

 

その先に、

きっと喜び溢れる日がやって来るはずです。

 

目指す未来を想像しつつ

 

日々の成長を実感していきましょうね^^

 

 

スポーツメンタルコーチ

イトウ ダイスケ

 

☆Twitter☆

 

☆Facebook☆

 

体験コーチングのお問い合わせはコチラ