鳥取・大山ペンション村 大山バックパッカーズ おかげさまで4年目突入~♪

大山(だいせん)ペンション村のペンションを改装したゲストハウス・大山バックパッカーズです!
出雲大社と鳥取砂丘の間の大山に、大山バックパッカーズはございます。
山陰旅行の拠点に、ご活用くださいね!


テーマ:

◆せっかくあるんだからデマンドバスを観光活用できんもんか???

 

先日のブログで、需要あるのか不明だけれど作ってみた!と言ってたのが

ミニサイト 「植田正治写真美術館に行きたい!」

 

ごめんちゃい!まだ完成じゃないんだ💦

なんとか7月の連休までには、それなりにカッコつけたい!

 

 

上の画像にもあるように

「植田正治写真美術館へのアクセス方法を解説した」 サイトでありんす。

 

 

なんせ、この美術館が田んぼのど真ん中にあるようなロケーションなもんで、とにかく一般交通機関でのアクセスがよろしくない。

 

なので、一般交通機関でのアクセス方法に、特化してサイトを作っているワケですが、苦戦しているのが

 

「町外の方へ、利用したことないデマンドバスについて案内する」 コト。

 

デマンドバス・・・特に都会の人には、???だと思うんですが、ようは “予約制バス” のこ

と。

 

デマンドバス勢ぞろいっ音譜

 

 

朝夕の通学通勤時間帯は、予約なしで乗車可能なんですが、日中は電話予約が必要となります。

案内が不親切なもんで、観光客には、ちと使いずらい汗

 

ハッキリ言って、町外の人にはわかりずらいシロモノ。

 

 

しかも、そのPDFデータってーのが・・・

この時刻表じゃ、町内のニンゲンでもキビシイ💦

 

 

デマンドバス事自体が、元々は、地元住民のためのモノなので、観光客に案内するという考えがないというかね~

 

観光振興っていうと、なにかと、団体作ったり、新しいコトやろうとしたり、補助金取りに行ったり・・・と、実際のトコロ効果は???ってカンジなんだけど^皿^

 

すでにあるものを活用する分には、新たな費用発生するワケじゃないしね~

もちっとウマく、デマンドバス活用したらいいのにね!

 

 

元々は、ご宿泊のゲストさんに、自力で岸本駅から大山バックパッカーズに来てもらうために、ひいこらわかりづらいデマンドバスの時刻表から、必要箇所だけを抜き出して作ったのが、大山バックパッカーズの自前サイトのアクセスのページなんだけど。

 

岸本駅からは、待合室前のバス停からご乗車くださいマセ。

 

 

アクセス解析を見てると、植田正治写真美術館に行こうと交通機関を調べてる人が、このページにアクセスしてくるってのは、ちょこちょこあるワケで。

 

だもんで多少は需要あるかと思って、ミニサイト作った んだけど。

とは言え、ニッチな需要を満たすサイトなもんで、アクセス数は限られてくるんだろうけどね~^^;

 

○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


下のバナーをぽちっ!と、してく:ださると、喜びます。

(喜びます←ケンミンSHOWで紹介されてましたね。
 山陰独特の表現です^^)
 

  にほんブログ村
Ctrlキーを押しながら、バナーをポチると
画面が切り替わりませんよ~^^
 

大山バックパッカーズのサイトは →こちら

予約状況のご確認は →こちら

 

ご宿泊日前日・当日のご予約はお電話でどぞー!

(受付時間 9:00~21:00)
☎:0859-57-5516

↑↑↑

スマートフォンなら

番号タップで速!発信OK

 


こんなのもありま~っす!( ´・ω・`)_イカガ?
かさ。 ajisai☆☆ かさ。  
オススメ!大山バックパッカーズ貸切プラン かさ。 ajisai☆☆ かさ。

 

予約受付再開しました!

お盆明け宿泊分より、ご予約承ります!

さっそくご予約入ってきています音譜

→こちら ごらんください音譜

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サイト@鳥取・大山バックパッカーズさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。